トウ演達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「鄧演達」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
鄧演達
DengYanDa.jpg
プロフィール
出生: 1895年3月1日
光緒21年2月初5日)
死去: 1931年民国20年)11月29日
中華民国の旗 中華民国(国民政府)南京市
出身地: 清の旗 広東省恵州府帰善県
職業: 軍人・政治家
各種表記
繁体字 鄧演達
簡体字 邓演达
拼音 Dèng Yǎndá
注音二式 Dèng Yǎndá
和名表記: とう えんたつ
発音転記: ドン イェンダー
ラテン字 Teng Yen-ta
テンプレートを表示

鄧 演達(とう えんたつ)は、中華民国の軍人・政治家。国民政府国民革命軍)の軍人で、粤軍(広東軍)の指揮官。中国国民党左派の要人で、後に中国国民党臨時行動委員会(第三党)を組織して、国民党・共産党の双方と異なる第三路線を標榜した。択生

事跡[編集]

粤軍での台頭[編集]

父は秀才で、恵陽県城で塾教師を生業としていた。1909年宣統元年)に広東陸軍小学に入学する。この時に、教師をつとめていた鄧鏗の知遇を得る。辛亥革命が勃発すると、鄧演達も革命派の軍隊に参加した。1914年民国)、武昌陸軍第二予備学校で学ぶ。卒業後の1916年(民国5年)に、保定陸軍軍官学校に入学した。

1919年(民国8年)の卒業後、西北地方で実習に参加した。1920年(民国9年)に鄧鏗の勧誘を受け、広州へ戻って粤軍に参加した。同年夏に、鄧鏗率いる粤軍第1師が成立すると、鄧演達は同師参謀兼歩兵独立営営長に就任する。さらに工兵営長に異動した。この後、鄧演達は孫文(孫中山)を一貫して支持し続け、孫文に反旗を翻した陳炯明の討伐などで軍功をあげた。

北伐での貢献[編集]

1924年(民国13年)5月、黄埔軍官学校が成立すると、鄧演達は教練部副主任兼学生総隊長に就任し、多くの学生たちを訓練して精鋭部隊の創出に貢献した。一方で、教練部主任の王柏齢とは対立し、1925年(民国14年)春、鄧は辞任に追い込まれた。まもなくドイツなど欧州各国を歴訪している。この際に、マルクス主義の書籍に親しみ、中国共産党朱徳と親交を結んでいる。

同年冬に鄧演達は帰国する。翌年1月の中国国民党第2回全国代表大会で候補中央執行委員に選出され、さらに黄埔軍官学校教育長に就任した。同年3月20日に蒋介石中山艦事件を引き起こすと、鄧はこれを反革命行動と糾弾する。そのため蒋に拘禁されて失脚し、潮州軍分校教育長に左遷された。

同年7月に、国民党の北伐が開始されると、鄧演達は国民革命軍総司令部政治部主任に任命される。そして、主に国民革命軍第4軍(李済深らが率いる粤軍を改組)と行動を共にした。第4軍は湖北省呉佩孚率いる直隷派の軍を激戦の末破り、さらに武昌攻略戦では、鄧自ら前線で督戦している。10月、武昌を攻略すると、鄧は武漢行営主任、湖北政務委員会主席などの職も兼任した。

武漢国民政府での挫折[編集]

11月、国民党中央政治会議が武漢遷都を決定する。鄧演達らは12月に、国民党中央執行委員・国民政府委員臨時連席会議を武漢に成立させ、国民党中央組織の設立を準備した。ところが1927年(民国16年)1月、蒋介石が南昌で中央政治会議を召集し、武漢との分離を図る動きを見せる。鄧らは、3月10日に漢口で国民党2期3中全会を開催して、蒋の職務を停止し、孫文の聯ソ・聯共・扶助農工の3大政策の支持を表明した。鄧はまた、中央執行委員、中央政治委員会委員、中央農民部長、武漢軍事政治学校責任者などを兼任している。

鄧演達は、聯共、農民解放運動を支持する政治理念を有しており、湖北や湖南で発生していた農民運動も容認していた。しかしこの姿勢は、国民党右派だけでなく汪兆銘(汪精衛)ら武漢国民政府内の要人との関係まで悪化させることになった。同年4月12日の上海クーデターに際しては、鄧は蒋介石討伐(東征)を主張している。同月、鄧は第2次北伐を敢行し、張作霖奉天派を、馮玉祥と協力して河南で撃破した。しかしこれ以後も、対共産党、対ソ連などをめぐって武漢政府内の路線対立は激化し、遂に6月30日に鄧は辞職してモスクワに亡命した。その翌月に、武漢国民政府は反共を決定している。

第三党指導者として[編集]

それからしばらく、鄧演達はソ連や欧州に滞在し、引き続き反蒋介石運動を継続した。1930年(民国19年)春、鄧は帰国して、上海で成立していた中華革命党[1]中国国民党臨時行動委員会(一般には、「第三党」と呼ばれる)に改組し、中央幹事会総幹事に選出されてその指導者となった。鄧は、「農工(農民・労働者)を中心とした平民政権」の樹立を目指すと唱え、14省に地方組織を結成し、『革命行動』という月刊誌を刊行した。このようにして、国民党とも共産党とも異なる第三路線を追求したのである。

これ以後、鄧演達は、反蒋介石の各派と連合して、第三党政権樹立や蒋介石打倒のための画策を繰り返した。特に、粤軍時代の同志との連携を強めたが、1930年(民国19年)の反蒋各軍の敗北、1931年(民国20年)の満州事変の勃発に伴う各派大同団結などにより、鄧の狙いは実現しなかった。また、これらの画策を知った蒋も、鄧の抹殺を決断したのである。

1931年(民国20年)8月19日、鄧演達は、上海で同志の裏切りにより拘束され、南京に護送された。同年11月29日、鄧は秘密裏に処刑された。享年37(満36歳)。なお第三党は、その後も同志の黄琪翔章伯鈞らにより統率された。1947年(民国36年)に中国農工民主党と改称され、現在でも中華人民共和国の民主党派(衛星政党)として存続している。

[編集]

  1. ^ 孫文の中華革命党とは別組織。国民党・共産党から離脱した人士で構成された第三路線標榜の組織である。

参考文献[編集]

  • 傅洪奎・周天度「鄧演達」中国社会科学院近代史研究所『民国人物伝 第1巻』中華書局、1978年
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
 中華民国の旗 中華民国(国民政府)国民政府
先代:
創設
湖北省政務委員会
主任委員
1926年10月 - 1927年4月
次代:
湖北省政府に
改組