トゥワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トゥワ
Twa
Batwa2.jpg
伝統的な弓矢を持ったトゥワの男性
総人口
80,000人(2000年[1]
居住地域
ルワンダブルンジコンゴ民主共和国東部、タンザニアウガンダ
言語
ルワンダ語ルンディ語キガ語
宗教
7% キリスト教徒[2]
関連する民族
ツチフツ

トゥワTwa、バトゥワ:Batwa)は、中部アフリカ大湖沼地域最古の(主に欧米人から)「ピグミー」と呼ばれる狩猟採集民。ルワンダではフツツチと同じルワンダ語 (Kinyarwanda) を使用。

歴史[編集]

伝統的壷を持つトゥワ女性

フツバントゥー人)がこの地域に到達した時代にトゥワを支配下に置いた。ハム仮説系の歴史観ではツチをナイル系としてAD15世紀頃に到来しフツ、トゥワより優位になったとしてきたが遺伝学的に否定されている。以降数百年、トゥワはマイノリティーとして存在し、政治的に弱い立場におかれた。

フツ、ツチ間の対立・紛争1994年ルワンダ虐殺)についての議論にもトゥワの存在は無視される傾向があるが[3]、ルワンダ内トゥワの約30%は紛争で殺害された[3]

現状[編集]

トゥワの伝統的踊り

トゥワは山林に居住する半遊牧狩猟採集民族。農地開拓森林伐採開発計画、保護区の創設などによる自然破壊により、トゥワは移住を強いられたが、大部分のトゥワは所有地を持たず、貧困状態で生活。伝統的に先祖から受け継がれて来た土地は、政府から一度も認められたことは無く、居住地を失ったことへの賠償金も支払われたことは無い。

トゥワの子供たちの教育機会は少なく、ピグミーの歴史的偏見差別暴力社会からの排除等は存在する[4][5]

トゥワ支援団体[編集]

関連項目[編集]

他の「ピグミー」[編集]

ピグミー文化研究者[編集]

脚註[編集]

  1. ^ Minorities Under Siege: Pygmies today in Africa IRIN In-Depth
  2. ^ Johnstone, Patrick, and Jason Mandryk. Operation World. Waynesboro, GA: Paternoster Lifestyle, 2001.
  3. ^ a b “Minorities Under Siege: Pygmies today in Africa”. UN Office for the Coordination of Humanitarian Affairs. (2006年). オリジナル2006年12月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061201053605/http://www.irinnews.org/webspecials/pygmy/52529.asp 2006年12月11日閲覧。 
  4. ^ Forest Peoples Programme
  5. ^ CAURWA (Communauté des Autochtones Rwandais).

外部リンク[編集]