デニス・ロバートソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デニス・ロバートソン
新古典派経済学(ケンブリッジ学派)
生誕 1890年5月23日
サフォーク, Lowestoft
死没 1963年4月21日(満72歳没)
ケンブリッジシャー, ケンブリッジ
国籍 イギリスの旗 イギリス
研究機関 ロンドン大学
ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
研究分野 景気変動論、貨幣論
母校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
影響を
受けた人物
アルフレッド・マーシャル
ジョン・メイナード・ケインズ
論敵 ジョン・メイナード・ケインズ
実績 銀行政策, 産業変動
テンプレートを表示

デニス・ロバートソン(Dennis Holme Robertson、1890年5月23日 - 1963年4月21日)は、イギリス経済学者
アーサー・セシル・ピグーのあとをついでケンブリッジ大学教授となる。ケインズと仲は良かったが、経済理論については基本的に同調しなかった。

略歴[編集]

業績[編集]

  • 『産業変動の研究』(1915年)が実物分析を中心にしていたのに対し、『貨幣』(初版1922年、第4版1948年)、『銀行政策と価格水準』(1926年)では貨幣面を明らかにした。
  • ケインズとは仲が良かったが、ロバートソンの経済学の考えは大陸的な要素が強く、とくに『貨幣論』後は盛んに論争が行われた。 
  • 名文家としても著名であった。

著作[編集]

  • A Study of Industrial Fluctuations, P.S.King &Son, 1915.
  • "Economic Incentive", Economica, 1921.
  • Money, Nisbet & Co.Ltd, 1922 (第4版1947年『貨幣』、安井琢磨熊谷尚夫訳、岩波書店、1956年).
  • The Control of Industry, 1923.
  • "Those Empty Boxes", EJ, 1924 .
  • Banking Policy and the Price Level, Staples Press, 1926(『銀行政策と価格水準』、高田博訳、厳松堂書店、1955年).
  • "Increasing Returns and the Representative Firm", EJ, 1930.
  • Economic Fragments, 1931.
  • "Saving and Hoarding", EJ, 1933.
  • "Some Notes on Mr Keynes's "General Theory of Employment"", QJE, 1936.
  • "Alternative Theories of the Rate of Interest", EJ, 1937.
  • "Mr Keynes and Finance: A note", EJ, 1938.
  • Essays in Monetary Theory, 1940.
  • "Wage Grumbles", in Readings in the Theory of Income Distribution, 1949.
  • Utility and All That, 1952.
  • Britain in the World Economy, 1954.
  • Economic Commentaries, 1956.
  • Lectures on Economic Principles, 1957-9.
  • Growth, Wages, Money, 1961.
  • Essays in Money and Interest, 1966.

参考文献[編集]

  • Fletcher, G., Understanding Dennis Robertson : The Man and His Work, Edward Elgar, 2000.
  • Goodhart, C., Understanding Dennis Robertson : The Man and His Work (review). History of Political Economy 34(4) : 814-815, 2002.
  • Presley, J. R., Robertsonian Economics, Macmillan, 1979.
  • Presley, J. R., D.H.Robertson 1890-1963. In D. P. O'brien and J. R. Presley (eds.) Pioneers of Modern Economics in Britain, Macmillan, 1981(『近代経済学の開拓者』、井上琢智他訳、昭和堂、1986年).
  • 明石茂生、『マクロ経済学の系譜――対立の構造』、東洋経済新報社、1988年.
  • 安部大佳、「D.H.ロバートソンの著作文献」、『経営学論集』、龍谷大学、41(3・4):97-115、2002年.
  • 小原英隆、「デニス・ロバートソンの実物的景気循環論と財政・金融政策――現代リアルビジネスサイクル理論とケインズ『貨幣論』との関係」、『社会科学研究』、49(1): 75-134、1997年.
  • 小原秀隆、「ファイナンス制約モデルの先駆としてのロバートソンの貨幣動学理論――ケインズとは別方向の「進化」」、『社会科学研究』、49(4): 91-245、1998年.
  • 下平裕之、「D.H.ロバートソンの貨幣経済論――信用経済の安定分析」、『一橋論叢』、114(6): 104-118、1995年.
  • 下平裕之、「デニス・ロバートソン『産業変動の研究』の歴史的意義――マーシャル価値論と過剰投資説の統合への試み」、『一橋論叢』、116(6): 43-56、1996年.

外部リンク[編集]