デッドロック (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デッドロック
Deadlock
Deadlock Rockharz 2016 05.jpg
ドイツ・バレンシュテット公演 (2016年7月)
基本情報
出身地 ドイツの旗 ドイツ
バイエルン州 シュヴァルツェンフェルト英語版
ジャンル メロディックデスメタル
メタルコア
パワーメタル
オルタナティヴ・メタル
グルーヴ・メタル
活動期間 1997年 - 現在
レーベル ウィンター・レコード
ライフフォース・レコード
ナパーム・レコード
サウンドホリック
アヴァロン・レーベル
公式サイト xdeadlockx.com
メンバー マルギー・ゲルリッツ(Vo)
ジョン・ガーレルト(Vo)
セバスチャン・レイチェル(G)
フェルディナンド・レヴァイキー(G)
ヴェルナー・リエドル(Ds)
旧メンバー 以下を参照
バンドのロゴ

デッドロック (DEADLOCK) は、ドイツ出身のメロディックデスメタルバンド

1997年に結成。メンバーは、ヴィーガンで、ストレート・エッジを標榜していた。

来歴[編集]

オーストリア・フィンケンシュタイン公演 (2007年9月)
ドイツ・バレンシュテット公演 (2016年7月)

1997年にトビアス・グラフ(Ds)、セバスチャン・レイチェル(G)、ヨハネス・プレム(Vo)、マイク(B)が出会い、バンドのメンバーを集めた。1998年の終わりにマイクからハンス・ゲオルク・バートマンにベーシストが代わりデッドロックの初期のラインナップが完成する。

1999年に『7" vinyl』を自主制作でリリースした。ウィンター・レコーディングスは、このバンドに将来性があると考え、2000年に『I'll Wake You, When Spring Awakes』をリリースした。

その後トーマス・グシュベンドナー(G)が加入し、ハンス・ゲオルク・バートマン(B)からトーマス・ハウシュカ(B)にチェンジし、ふたりの新メンバーが加わる。

2002年にデビュー・フル・アルバム『The Arrival』をリリースした。後に正式メンバーとなるザビーネ・ヴェーニガーはこのアルバムの何曲かでキーボードとクリーン・ヴォーカルを担当していた。

同年、バンドに新メンバーをむかえ、『Six Reasons To Kill』をウィンター・レコーディングスよりスプリットCDとしてリリースした。作り込んだオーケストラ・アレンジを加えてサウンドを発展させ、ツイン・ギターのメロディーとキーボードと女性ボーカルを加え、骨太なサウンドを完成させた。

その後トーマス・グシュベンドナー(G)からゲルト・レイメン(G)にチェンジ。

2004年後半、バンドはライフフォース・レコードに移籍した。デッドロックは「このレーベル移籍によってデッドロックの音楽とメッセージは支援され、完璧なパートナーを得た」としている。長期間に及ぶ作曲活動とレコーディング後、2005年6月にアルバム完成し、3rdアルバム『Earth Revolt』をリリースした。

2007年に4thアルバム『Wolves』をリリース。このアルバムからザビーネ・ヴェーニガー(Vo)が正式加入した。このアルバムは、日本でもサウンドホリックからリリースされ、日本デビューを果たした。

2008年に5thアルバム『Manifesto』をリリースした。その後、ベーシストがトーマス・ハウシュカからジョン・ガーレルトに交代している。

2009年、初来日公演を開催[1]

2011年に6thアルバム『Bizzaro World』をリリース。日本では、アヴァロン・レーベルからのリリースとなった。また同アルバムからザビーネ・ヴェーニガー(Vo)がザビーネ・シェラーと名乗るようになった。同年、11月に結成当初からのメンバーであったヨハネス・プレム(Vo)が脱退。代わりにDeadlockではベーシストとして活動していたジョン・ガーレトがボーカルに転向し、空いたベーシストの枠に今までバンドのローディをしていたフェルディナンド・レヴァイキーが加入した。

2013年2月、ゲルト・レイメン(G)が脱退[2]。その後、フェルディナンド・レヴァイキー(B)がギターに転向した。正式ベーシストは補充されていない。

2014年5月、結成メンバーのトビアス・グラフ(Ds)が脱退し、ヴェルナー・リエドル(Ds)が加入[3]。この交代により、オリジナルメンバーはセバスチャン・レイチェル(G)のみとなった。同年9月、トビアス・グラフが同年9月2日に癌により死去したことが発表された[4]

2016年4月、ザビーネ・シェラー(Vo)が脱退し、マルギ―・ゲルリッツ(Vo)が加入した[5]

備考[編集]

結成当初は、完全なストレート・エッジバンドにしようと考えたが、その後度重なるメンバーチェンジで完全なストレート・エッジバンドではなくなった。それでもなお、結成当初からのメンバーは今でもストレート・エッジを貫いている

メンバーは全員、肉、魚、卵、乳製品を一切食さないヴィーガンである。例えば動物愛護を背景とした畜産業への批判をモチーフにした曲なども存在し、その思想は歌詞にも表れている。

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

  • マルギ―・ゲルリッツ Margie Gerlitz - ボーカル (2016- )
  • ジョン・ガーレルト John Gahlert - ハーシュ・ボーカル(2011- )/ベース(2009-2011) Fall of Serenityでも活動している。
  • セバスチャン・レイチェル Sebastian Reichl - リードギター (1997- )
  • フェルディナンド・レヴァイキー Ferdinand Rewicki - リズムギター(2013- )/ベース(2011-2013)
  • ヴェルナー・リエドル Werner Riedl - ドラムス (2014- )
        
マルギ―・ゲルリッツ(Vo) 2016年
ジョン・ガーレルト(Vo) 2016年
セバスチャン・レイチェル(G) 2016年
フェルディナンド・レヴァイキー(G) 2016年

旧メンバー[編集]

  • ヨハネス・プレム Johannes Prem - ハーシュ・ボーカル(1997-2011)
  • マイク Mike - ベース(1997-1999)
  • トビアス・グラフ Tobias Graf - ドラムス (1997-2014) R.I.P.2014(35歳没)[4]
  • ハンス・ゲオルク・バートマン Hans-Georg Bartmann - ベース (1999-2002)
  • トーマス・グシュベンドナー Thomas Gschwendner - ギター (2002-2004)
  • トーマス・ハウシュカ Thomas Huschka - ベース (2002-2008)
  • ザビーネ・シェラー (ザビーネ・ヴェーニガー) Sabine Scherer (Sabine Weniger) - クリーン・ボーカル (2004-2016)/キーボード (2004)
  • ゲルト・レイメン Gert Rymen - リズムギター (2004-2013)

ディスコグラフィ[編集]

シングル・EP[編集]

  • Deadlock (1999年、Single)
  • I'll Wake You...When Spring Awakes (2000年、EP)
  • Deadlock vs. Six Reasons to Kill (2003年、Six Reasons to Killとのスプリット)

アルバム[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]