デソゲストレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デソゲストレル
Desogestrel.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com Micromedex Detailed Consumer Information
MedlinePlus a601050
胎児危険度分類
  • US: X
法的規制
投与方法 oral
薬物動態データ
血漿タンパク結合 98.3%
識別
CAS番号
54024-22-5 チェック
ATCコード G03AC09 (WHO)
PubChem CID: 40973
DrugBank DB00304 チェック
ChemSpider 37400 チェック
UNII 81K9V7M3A3 チェック
KEGG D02367  チェック
ChEBI CHEBI:4453 チェック
ChEMBL CHEMBL1533 チェック
化学的データ
化学式 C22H30O
分子量 310.473 g/mol
テンプレートを表示

デソゲストレル(Desogestrel)は、ホルモンによる避妊に用いられる物質である。今日市販されている大部分の経口避妊薬は、エストロゲン化合物(通常は、エチニルエストラジオール)に加え、デソゲストレルのようなプロゲスチンを含む。デソゲストレルを含む避妊薬は、「第三世代」の経口避妊薬と呼ばれることがある。対照的に「第二世代」と見なされている経口避妊薬(例えばTri-Levlen)はエストロゲンとプロゲスチンを含んでいるが、プロゲスチンは、レボノルゲストレルのような異なるものである。

利点[編集]

第三世代の経口避妊薬は、血中のグルコース濃度や脂肪組成に影響を及ぼさないため、糖尿病高脂血症の患者の利用に適している。合成エストロゲン量が第二世代の経口避妊薬よりも少なく、体重増加、乳房の圧痛、偏頭痛になる可能性が小さい。

外部リンク[編集]