ディートリッヒ・フォン・ヒルデブラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディートリッヒ・フォン・ヒルデブラントDietrich von Hildebrand1889年10月12日 - 1977年1月26日)はドイツカトリック哲学者ローマ教皇ピウス12世をして「20世紀最大の教会博士」と言わしめたことでも有名。また、同じく教皇のヨハネ・パウロ2世ベネディクト16世もヒルデブラントを高く評価しており、いずれも様々な逸話がある。

来歴[編集]

彫刻アドルフ・フォン・ヒルデブラントの子として、フィレンツェの厳格なプロテスタント家庭に生まれるが、本人は1914年にカトリックへ改宗アドルフ・ヒトラーおよびナチズムを激しく嫌悪していたことから、1933年のヒトラー内閣成立と同時にドイツからオーストリアウイーンに移住する。ウイーンでは時のオーストリア首相エンゲルベルト・ドルフース支援の下反ナチ紙を編集・発行するが、ナチスにより死刑を宣告される。

ヒトラーがオーストリアを併合した1938年には、再度移住を余儀なくされる。スイスフリウーリ郊外で約1年過ごした後、トゥールーズカトリック大学で教鞭を執っていた関係上、フランスタルヌ県フィアックに身を寄せることとなる。だが1940年にヒトラーがフランスへ侵攻すると、妻子らと共にポルトガルブラジルを経てニューヨークへと亡命。ニューヨークではイエズス会系のフォーダム大学で哲学を教える。

1960年に大学を退職すると、余生を自叙伝の執筆に費やし、両言語で書かれた著書は数十冊にのぼる。1977年1月26日、心臓病のためニューヨーク州ニューロシェルにて死去。

なお、著書の翻訳出版は現在、ディートリッヒ・フォン・ヒルデブラント財団プロジェクトに委託されているほか、ディートリッヒ・フォン・ヒルデブラント研究所には回想録が保存されている。

主著[編集]

  • Marriage: The Mystery of Faithful Love1929年
  • Metaphysics of Community1930年
  • In Defense of Purity; an Analysis of the Catholic Ideals of Purity and Virginity1931年
  • Actual Questions in the Light of Eternity(1931年)
  • The Essence of Philosophical Research and Knowledge1934年
  • Liturgy and Personality1943年
  • Transformation in Christ1948年
  • Fundamental Moral Attitudes1950年
  • Christian Ethics1952年
  • Ethics1953年
  • Mozart, Beethoven, Schubert1961年
  • Not as the World Gives; St. Francis' Message to Laymen Today"(1963年
  • Man and Woman: Love & the Meaning of Intimacy1966年
  • Morality and Situation Ethics(1966年)
  • The encyclical Humanae vitae, a sign of contradiction; an essay on birth control and Catholic conscience1969年
  • Celibacy and the crisis of faith1971年
  • What is Philosophy?1973年
  • The Devastated Vineyard(1973年)
  • Jaws of Death: Gate of Heaven1976年
  • The Heart: an Analysis of Human and Divine Affectivity1977年

参考文献[編集]

  • The Soul of A Lion, a biography by Alice von Hildebrand, Ignatius Press, 2000, ISBN 0-89870-801-X

外部リンク[編集]