ディクスミュード (強襲揚陸艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディクスミュード
BPC Dixmude.jpg
経歴
運用者  フランス海軍
建造所 アルストム=アトランティーク造船所
発注 2009年4月10日
起工 2009年4月17日
進水 2010年9月17日
就役 2012年7月27日
要目
種別 強襲揚陸艦
クラス ミストラル級
排水量 基準 16,500t
満載 21,300t
全長 199.0m
全幅 32.0m
吃水 6.2m
機関 ディーゼル・エレクトリック方式、2軸推進およびポンプジェット推進
バルチラ16 V 32 ディーゼルエンジン × 4基(4,850kW
バルチラ 18V200ポッド式推進器 × 2基(14,000kW)
艦首スラスター × 1基(1,500kW)
速力 最大速 19kt
航続距離 巡航15ktで19,800海里
乗員 160名
搭載能力 上陸用舟艇 × 2隻
1個大隊
車両 × 60台
1,600t以内の積載
兵装 SIMBADシステム × 2基
ブレダ=モーゼル 30mm機関砲 × 2基
M2機関銃 × 4挺
搭載機 ヘリコプター × 16機(最大数)
飛行甲板 5,200
C4ISTAR RITA 2G海洋簡易周波数帯変換器+FLTSATCOM衛星通信
SIC-21 作戦指揮システム(シラキューズ3-A/B衛星通信)
NTDSリンク 11/リンク 16
SENIT-9 戦術情報処理装置
SIC 21戦闘管制システム × 1基
レーダー DRBN-38航海 × 1基
MRR-3 NG 3次元 × 1基
電子戦
対抗手段
ARBR-21レーダー妨害装置 × 1基
SLAT 対魚雷システム
テンプレートを表示

ディクスミュードフランス語: Dixmude, L 9015)[1]は、フランス海軍ミストラル級強襲揚陸艦3番艦。「ディズミュド」とも。

先代の同名艦はアヴェンジャー級護衛空母の「ディズミュド」。

艦歴[編集]

本艦は、ミストラル級の先に竣工した2隻とは異なり、すべてがアルストム=アトランティーク造船所で建造が進められ2010年9月17日に進水、2011年12月に海軍に引き渡されトゥーロン軍港に入港、翌2012年3月12日から試験航海を開始し、2012年7月27日に就役。

試験航海中であった2012年3月23日、駆逐艦「ジョルジュ・レイグ」と共にアタランタ作戦に参加が決まる[2]

2013年1月21日、マリ共和国への軍事介入に伴うセルヴァル作戦で、装甲車多数を装備する陸軍部隊を載せてトゥーロン港からセネガルダカール港まで輸送するため出航し、1月31日にダカール港に到着する[3][4]

脚注[編集]

  1. ^ 在日フランス大使館 (2015年5月26日). “フランス海軍「ディクスミュード」が佐世保に親善寄港”. 2015年6月23日閲覧。
  2. ^ European Counter Piracy Naval Forces Strengthened by Two French Warships
  3. ^ Le Dixmude achemine une importante force blindée au Mali
  4. ^ Le Dixmude débarque à Dakar 500 soldats et 140 véhicules

外部リンク[編集]

関連項目[編集]