テレビばかり見てると馬鹿になる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

テレビばかり見てると馬鹿になる 』(テレビばかりみてるとばかになる)は、2000年12月20日に太田出版から出版された山本直樹青年漫画短篇集。ISBN 4-87233-550-3

表題作は2007年6月に実写映画化された。

収録[編集]

  • なやまない(初出:太田出版マンガ・エロティクス』Vol.1 ※塔山森名義)
  • ひどいやつらは皆殺し(初出:太田出版『マンガ・エロティクス』Vol.4 ※塔山森名義)
  • ひどいやつらは皆殺し2(初出:太田出版『マンガ・エロティクス』Vol.5 ※塔山森名義)
  • きさくなあのこ(初出:太田出版『マンガエフ』2000年8月号)
  • 「味方」(初出:太田出版『マンガエフ』2000年9月号)
  • 便利なドライブ(初出:集英社スーパージャンプ』2000年15号 111 - 136頁)
  • 泳ぐ(初出:双葉社週刊漫画アクション』1998年11/3号)
  • テレビばかり見てると馬鹿になる(初出:双葉社『週刊漫画アクション』2000年5/9・16号)

映画[編集]

2007年6月9日にポレポレ東中野にてレイトショー公開され、同年7月25日にDVDが発売された[1]。監督は亀井亨、主演は穂花

あらすじ[編集]

有紀は高校を卒業後、一度は就職したもののすぐに辞めてしまい、今はワンルームのゴミだらけの狭い部屋で暮らしている。いわゆる引きこもりである有紀の部屋に、インターネットで知り合った伊藤恵二が訪ねてくる。恵二は有紀の部屋にカメラを設置し、カメラによく映るようにして有紀を抱いては、その映像を配信している。次の日、有紀を社会復帰させようと母の依頼で支援センターのカウンセラー馬戸がやって来た。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画・製作 - 永森裕二
  • 原作 - 山本直樹「テレビばかりみてると馬鹿になる」
  • 監督・脚本・編集 - 亀井亨
  • プロデューサー - 黒須功
  • 撮影 - 中尾正人
  • 美術 - 西村徹
  • 衣裳 - 杉本京加
  • ヘア・メイク - 堀川なつみ
  • 照明 - 中村拓
  • 音響効果 - 丹愛
  • スチール - 奥田彰
  • 録音 - 古谷正志
  • 配給・宣伝 - バイオタイド
  • 製作 - AMGエンタテインメント

出典[編集]

外部リンク[編集]