テブナンの定理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テブナンの定理(テブナンのていり、Thevenin's theorem)は、多数の直流電源を含む電気回路負荷を接続したときに得られる電圧や負荷に流れる電流を、単一の内部抵抗のある電圧源に変換して求める方法である。

1883年フランス郵政・電信省技術者シャルル・テブナン英語版 (Léon Charles Thévenin) により発表され、「テブナンの定理」と呼ばれていたが、それより前の1853年ドイツ物理学者ヘルマン・フォン・ヘルムホルツにより発表されていたことが、1950年にドイツの物理学者ハンス・フェルディナント・マイヤー英語版 (Hans Ferdinand Mayer) により指摘されたため、ヘルムホルツ-テブナンの定理 (Helmholtz-Thevenin's theorem) とも呼ばれる。また、ヘルムホルツが最初の発表者であることを尊重する立場から、数学ベクトル解析)におけるヘルムホルツの定理と区別して、「ヘルムホルツ等価回路」と呼ばれることもある。

日本では等価電圧源表示(とうかでんあつげんひょうじ)、また交流電源の場合に成立することを1922年に発表した鳳秀太郎の名を取って、鳳-テブナンの定理(ほう・テブナンのていり)ともいう。これは早稲田大学教授だった黒川兼三郎の発意による[1]

概要[編集]

電圧源電流源抵抗のみを含むどんなブラックボックスでもテブナン等価回路に変えることができる

右の図で、回路網の出力端子A-B間の開放電圧を Vth, 端子A-B間から見た回路網の内部抵抗を Rth, A-B間に接続する負荷の抵抗値を RL, 負荷に流れる電流を IL, 負荷を接続したときの端子A-B間の電圧を VL とすると、次の関係が成立する。

 I_L = \frac{1}{R_{th} + R_L}V_{th}
 V_L = \frac{R_L}{R_{th} + R_L}V_{th}

なお、回路網の内部抵抗を求める場合、電圧源短絡電流源は開放して考えればよい。ただし、電圧・電流源に内部抵抗が存在する場合は当然、考慮しなければならない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 川上正光 『基礎電気回路I 線形定常編(1)』1、コロナ社〈電子通信学会大学講座 13〉、1967年、改版。ISBN 4339000795OCLC 47515988

関連項目[編集]