鳳秀太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鳳 秀太郎
生誕 明治5年1月1日1872年2月9日
堺県堺区
死没 昭和6年(1931年9月16日(満59歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 電気工学
研究機関 東京帝国大学
出身校 東京帝国大学工科大学
主な業績 「鳳-テブナンの定理」
主な受賞歴 勲五等瑞宝章
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

鳳 秀太郎(ほう ひでたろう、明治5年1月1日1872年2月9日) - 昭和6年(1931年9月16日)は、日本の工学者。東京帝国大学工学部教授。電気学会第8代会長。堺県堺区(現在の大阪府堺市堺区)生まれ。

専門は電気工学で、電気回路に関するテブナンの定理シャルル・テブナン英語版: Léon Charles Thévenin)とは関係なく独自に発見した。このためこの定理は別称「鳳-テブナンの定理」と呼ばれている。

与謝野晶子の実兄である。また三男の鳳誠三郎、孫の鳳紘一郎も東京大学名誉教授を務めた。

来歴[編集]

栄典[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第6031号「叙任及辞令」1903年8月8日。
  2. ^ 『官報』第7344号「彙報 - 学事 - 学位授与」1907年12月19日。
  3. ^ 『官報』第4943号「叙任及辞令」1899年12月21日。
  4. ^ 『官報』第290号「叙任及辞令」1927年12月15日。
  5. ^ 『官報』第124号「叙任及辞令」1912年12月27日。
  6. ^ 『官報』第1773号「叙任及辞令」1918年7月1日。
学職
先代:
難波正
電気学会会長
8代:1921年 - 1922年
次代:
中原岩三郎