テオドール・モノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テオドール・モノ、1967年、サハラ砂漠にて

テオドール・アンドレ・モノ(Théodore André Monod, 1902年4月9日 - 2000年11月22日)はフランスの博物学者、探検家。ルーアン生まれ。IFAN研究所所長、フランス国立自然史博物館教授などを歴任している。

最初はモンクアザラシの研究のためにモーリタニアに渡ったが、その後サハラ砂漠に目を向け、未発見の植物種や新石器時代の遺跡などを発見している。彼の最大の発見はアドラル・デ・ジフォガ(現在のマリ共和国)での、約6000年前のアスラール人の人骨であると言われている。

Monodは、植物の学名命名者を示す場合にテオドール・モノを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)