チャールズ・フィッツロイ (第2代グラフトン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第2代グラフトン公
チャールズ・フィッツロイ
Charles FitzRoy
2nd Duke of Grafton
Charles Fitzroy, 2nd Duke of Grafton by William Hoare.jpg
称号 第2代グラフトン公爵、第2代ユーストン伯爵、第2代イプスウィッチ子爵、第2代サドバリー男爵、第3代アーリントン伯爵、第3代セットフォード子爵、第3代アーリントン男爵英語版ガーター勲章勲爵士(KG)
出生 1683年10月25日
死去 (1757-05-06) 1757年5月6日(73歳没)
配偶者 ヘンリエッタ(旧姓サマセット)
子女 下記参照
父親 初代グラフトン公
母親 イザベラ(旧姓ベネット)英語版
テンプレートを表示

第2代グラフトン公チャールズ・フィッツロイ: Charles FitzRoy, 2nd Duke of Grafton, KG, PC1683年10月25日 - 1757年5月6日)は、イギリスの貴族。

経歴[編集]

1683年10月25日チャールズ2世の私生児である初代グラフトン公爵ヘンリー・フィッツロイとその妻イザベラ英語版(初代アーリントン伯英語版ヘンリー・ベネットの女子相続人。後に第2代アーリントン女伯爵位を継承)の間の一人息子としてロンドンのアーリントン・ハウスに生まれる[1][2]

1690年10月9日に父が第2代グラフトン公爵位を継承[1][2]

ケンブリッジ大学を卒業[2]1705年から1757年にかけてサフォーク統監英語版を務めた[1][2]

1714年王室執事長英語版を務めた[1]1715年枢密顧問官に列する[1][2]

1721年から1724年にかけてアイルランド総督を務めた[1]

1723年2月7日の母の死により第3代アーリントン伯爵位を継承した[1][2][3]

1724年から1757年にかけて宮内長官英語版を務めた[1][2]

1749年王立協会フェロー(FRS)となる[2]1757年5月6日に死去[1][2]。爵位は孫のオーガスタス・フィッツロイが継承した。彼は政界で出世し、首相を務めることになる[4]

栄典[編集]

爵位[編集]

1690年10月9日の父ヘンリーの死により以下の爵位を継承[1][2]

  • ノーサンプトン州における第2代グラフトン公爵 (2nd Duke of Grafton, in the County of Northampton)
    (1675年9月11日勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • サフォーク州における第2代ユーストン伯爵 (2nd Earl of Euston, in the County of Suffolk)
    (1672年8月16日の勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • サフォーク州における第2代イプスウィッチ子爵 (2nd Viscount Ipswich, in the County of Suffolk)
    (1672年8月16日の勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • サフォーク州におけるサドバリーの第2代サドバリー男爵 (2nd Baron Sudbury of Sudbury, in the County of Suffolk)
    (1672年8月16日の勅許状によるイングランド貴族爵位)

1723年2月7日に母イザベラ英語版の死により以下の爵位を継承した[1][2]

  • 第3代アーリントン伯爵 (3rd Earl of Arlington)
    (1672年4月22日創設のイングランド貴族爵位)
  • ノーフォーク州における第3代セットフォード子爵 (3rd Viscount Thetford, in the County of Norfolk)
    (1672年4月22日創設のイングランド貴族爵位)
  • ミドルセックス州におけるアーリントンの第3代アーリントン男爵英語版 (3rd Baron Arlington, of Arlington, in the County of Middlesex)
    (1672年4月22日創設のイングランド貴族爵位)

家族[編集]

1713年4月30日、ウスター侯爵チャールズ・サマセット英語版の娘ヘンリエッタ・サマセットと結婚。彼女との間に以下の7子を儲けた[1][2]

また非嫡出子としてチャールズ・フィッツロイ=スカダモア英語版(1713頃-1782)がいる[2]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Heraldic Media Limited. “Grafton, Duke of (E, 1675)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年2月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m Lundy, Darryl. “Charles Fitzroy, 2nd Duke of Grafton” (英語). thepeerage.com. 2016年2月5日閲覧。
  3. ^ 森護 1987, p. 145.
  4. ^ 森護 1987, p. 146.
  5. ^ 森護 1987, p. 145-146.

参考文献[編集]

公職
先代:
第2代ボルトン公
アイルランド総督
1720年–1724年
次代:
第2代カートレット男爵
先代:
初代ニューカッスル公
宮内長官英語版
1724–1757
次代:
第4代デヴォンシャー公
名誉職
空席
(最後の就任者
初代デヴォンシャー公爵)
王室執事長英語版
1714年
空席
(次の就任者
初代クーパー男爵英語版)
先代:
第3代ディザート伯英語版
サフォーク統監英語版
1705年–1757年
次代:
第3代グラフトン公
サフォーク副提督英語版
1705年–1757年
空席
(次の就任者
第2代ハートフォード侯爵英語版)
イングランドの爵位
先代:
ヘンリー・フィッツロイ
第2代グラフトン公爵
1690年–1757年
次代:
オーガスタス・フィッツロイ
先代:
イザベラ・ベネット英語版
第3代アーリントン伯爵英語版
1723年–1757年