チャールズ・エリック・メイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チャールズ・エリック・メイン(Charles Eric Maine、1921年[1]1月21日 - 1981年11月30日)は、イギリスSF作家。本名はデイヴィッド・マクルウェン[1](またはデヴィッド・マクレーンとも)。リヴァプール生まれ。

経歴・人物[編集]

第二次世界大戦ではイギリス空軍で士官として北アフリカの軍務に就いた。戦後はテレビ技術者、テレビ・ラジオの脚本家を経て、1952年に30歳で作家生活に入った[2]スリラー仕立ての娯楽SFを得意とする。非SF系作品の発表にはリチャード・レイナーの別名を使用した[1]。この他、本名での著作もある。

第一次月面探検隊の危難を描いた『大真空』(High Vacuum、1956年)は、代表作にしてをテーマにしたSFの古典の1つでもある。またThe Isotope Man(1957)は、映画「爆殺指令」 Timeslip / The Atomic Man(1956、イギリス、監督:ケン・ヒューズ、主演:ジーン・ネルソン)の原作となった。

日本語訳された作品[編集]

単行本[編集]

寄稿[編集]

  • ハイウェイJ (High Way J 訳:矢崎竜介、『奇想天外』1976年6月号(1976 NO.3)掲載)

出典[編集]

  1. ^ a b c 『アイソトープ・マン』(メイン著、斉藤伯好訳、ハヤカワ文庫SF、1982年)訳者あとがき
  2. ^ 『奇想天外』1976年6月号、167ページより。

外部リンク[編集]