チャーリー・オースティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チャーリー・オースティン Football pictogram.svg
CharlieAustinMay 2015.jpg
QPR時代のオースティン (2015年)
名前
本名 チャールズ・オースティン
Charles Austin
愛称 チャーリー
ラテン文字 Charlie Austin
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1989-07-05) 1989年7月5日(29歳)
出身地 ハンガーフォード
身長 188cm
体重 84kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 サウサンプトンFC
ポジション FW
背番号 10
利き足 右足
ユース
2005 イングランドの旗 レディング
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2007 イングランドの旗 キントベリー 27 (20)
2007-2008 イングランドの旗 ハンガーフォード・タウン 30 (5)
2008 イングランドの旗 ザッチャム・タウン 0 (0)
2008-2009 イングランドの旗 プール・タウン 42 (48)
2009-2011 イングランドの旗 スウィンドン・タウン 54 (31)
2011-2013 イングランドの旗 バーンリー 82 (41)
2013-2016 イングランドの旗 QPR 82 (45)
2016- イングランドの旗 サウサンプトン 19 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

チャールズ・"チャーリー"・オースティン(Charles "Charlie" Austin、1989年7月5日- )は、イギリスイングランド)出身のサッカー選手プレミアリーグサウサンプトンFC所属。

経歴[編集]

プール・タウン[編集]

イングランド南部、レディングスウィンドンの中ほどに位置する小都市ハンガーフォードの出身。2005年レディングのユースチームへ入団するが、トップチームへの昇格は叶わず、2006年以降は地元のアマチュアクラブでプレーしていた。

2008年、家族と沿岸部のボーンマスへ引越したのを機に、レンガ積み職人として働く傍ら、隣町プールにあるセミプロクラブ、プール・タウンへ入団した。[1]プール・タウンでの活躍は目覚ましいものがあり、ウェセックス・プレミアリーグ(7部相当)42試合に出場し、48得点という驚異的な成績を残した。2008-09シーズン、オースティンを擁したプール・タウンは、リーグ戦42試合を38勝2敗2分の勝ち点116、得失点差は+110という圧倒的な強さで優勝、さらにドーセット・シニアカップを優勝して二冠を達成した。2009-10シーズン前にはフットボールリーグ2(4部相当)のボーンマスへの移籍が取り立たされるが、リーグの移籍規定に関する紆余曲折を経て、この移籍は流れた。[2]移籍破談後のオースティンは、リーグ開幕からの8試合で14のゴールを決めた。

スウィンドン・タウン[編集]

2009年9月、フットボールリーグ1(3部相当)のスウィンドン・タウンからトライアルへの招待を受け、同年10月にシーズン終了までの契約を結んだ。プロリーグの中でもオースティンはすぐに得点を量産し始め、シーズン終了までにリーグ7位となる19得点をあげた。特に同シーズン26得点をあげたビリー・ペインターとのコンビは対戦相手にとって脅威となった。このシーズン、オースティンは先発出場した11試合で10得点を決めた。[3]スウィンドンは5位でシーズンを終え、チャンピオンシップ昇格プレーオフの決勝まで進むが、ミルウォールFCに敗れて昇格を逃した。

2010年2月、スウィンドンと新たに2年半の契約を結んだが、2010-11シーズンの冬のマーケットで移籍を志願し、チャンピオンシップのバーンリーへ移籍が決まった。[4]移籍前までにオースティンはチーム得点王となる12得点をあげており、オースティン移籍後、深刻な得点力不足に見舞われたスウィンドンは、最下位でリーグ2へ降格した。

バーンリー[編集]

2011年1月28日、オースティンはバーンリーと3年半の契約を結んだ[4]。移籍後の半シーズンは無得点に終わったが、翌2011-12シーズンは16得点をあげてチーム得点王となった。

2012-13シーズンは開幕から驚異的なペースで得点を量産し、開幕から12試合の出場で2度のハットトリックを含む15得点をあげた。また、2012年10月23日ブリストル・シティ戦では、1958-59シーズンにレイ・ポインターが記録した出場8試合連続得点のクラブ記録に並んだ[5]

QPR[編集]

2013年8月1日クイーンズ・パーク・レンジャーズに3年契約で移籍。移籍金は400万ポンドほどと推定されている[6][7]。31試合に出場し、17得点を記録した。

2014-15シーズンは35試合に出場し、下部リーグで磨き上げられたゴールセンスをフルに活用。チームが降格圏に沈む中、18得点・5アシストを記録し、得点ランキングで4位となった。

サウサンプトン[編集]

2016年1月17日サウサンプトンFCへ移籍[8]1月23日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦で途中出場を果たしデビューを飾ると、決勝点を挙げチームの勝利に貢献した。

個人成績[編集]

2017年5月28日現在
クラブ シーズン リーグ FAカップ リーグカップ その他 合計
リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
キントベリー・レンジャーズ 2006-07 ヘレニックリーグ・ディビジョン1・イースト 27 20 0 0 1 1 28 21
ハンガーフォード・タウン 2007-08 ヘレニックリーグ・プレミアディビジョン 30 5 0 0 7 6 37 11
プール・タウン 2008-09 ウェセックスリーグ・プレミアディビジョン 34 34 4 4 8 8 46 46
2009-10 ウェセックスリーグ・プレミアディビジョン 8 14 3 4 0 0 11 18
通算 42 48 7 8 8 8 57 64
スウィンドン・タウン 2009-10 リーグ1 33 19 5 1 38 20
2010-11 リーグ1 21 12 3 3 1 0 2 2 27 17
通算 54 31 3 3 1 0 7 3 65 37
バーンリー 2010-11 チャンピオンシップ 4 0 4 0
2011-12 チャンピオンシップ 41 16 1 0 4 1 46 17
2012-13 チャンピオンシップ 37 25 0 0 3 3 40 28
通算 82 41 1 0 7 4 90 45
クイーンズ・パーク・レンジャーズ 2013-14 チャンピオンシップ 31 17 1 0 2 1 3 2 37 20
2014-15 プレミアリーグ 35 18 1 0 0 0 36 18
2015-16 チャンピオンシップ 16 10 0 0 0 0 - 16 10
通算 82 45 2 0 2 1 3 2 89 48
サウサンプトン 2015-16 プレミアリーグ 7 1 0 0 0 0 - 7 1
2016-17 プレミアリーグ 12 6 0 0 1 1 3 2 16 9
通算 19 7 0 0 1 1 3 2 23 10
総通算 336 197 13 11 11 6 29 22 389 236

タイトル[編集]

個人[編集]

脚注ップ[編集]

外部リンク[編集]