チャーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
素粒子物理学におけるフレーバー
フレーバー量子数:

関連量子数:


組合せ:


フレーバー混合

チャーム (charm) Cは、粒子の性質を表すフレーバー量子数である。チャームは、粒子を構成するチャームクォーク (c) の数と反チャームクォーク (c) の数の差として定義される:

C = n_\text{c} - n_{\mathrm{\overline{c}}}.\

慣習として、フレーバー量子数の符号は対応するフレーバーのクォークが持つ電荷の符号と一致する。電荷 (Q = +23) を持つチャームクォークの場合は、チャーム (C = +1) を持つ。反チャームクォークは、反対の電荷 (Q = −23)、およびフレーバー量子数 (C = −1) を持つ。

全てのフレーバーに関係する量子数と同様に、チャームは強い相互作用および電弱相互作用において保存するが、弱い相互作用の下では保存しない(CKM行列を参照)。クォーク一つだけの崩壊を含む一次の弱い崩壊では、チャームは1 (|C| = ±1) だけ変化する。一次過程は(二つのクォークの反応を含む)二次過程よりも一般的であるので、これは弱い崩壊の近似的な"選択則"として用いることができる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]