チャンプ (UMA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チャンプ (Champ) は、UMAの一種。アメリカニューヨーク州バーモント州境にあるシャンプレーン湖に棲息しているといわれている。実在の可能性が高いUMAとされている。

特徴[編集]

  • 棲息地・目撃場所: アメリカのシャンプレーン湖。
  • 体長(推定): 7.5-24m。
  • 外見: 細長い首にの頭。ひげが生えていたと言う証言から当初はチョウザメ説もあったが現在では否定されつつある。

解説[編集]

  • 1609年: フランス探検家サミュエル・ド・シャンプランが最初に目撃したとされている(ちなみに、シャンプレーン湖を命名したのは彼である)。
  • 1977年7月: 旅行に来ていた、アンソニー・マンシーがチャンプのカラー写真を撮影。この写真にはトリックはまったく無いことが判明しているが、クロールで泳ぐ人の腕ではないかという指摘もある。
  • 2006年2月: 釣り人が偶然チャンプを撮影した映像がABCニュースで公開された。元FBI長官も何らかの生物がいることを認めている。

関連項目[編集]