チムトシムベロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チムトシムベロ
齐默特色木丕勒2.gif
青年時代のチムトシムベロ
プロフィール
出生: 1874年5月25日
同治13年4月初10日)[1]
死去: 1942年康徳9年)8月1日
Flag of Manchukuo.svg 満州国興安南省通遼県
出身地: 清の旗 内モンゴルジェリム(哲里木)盟ゴルロス(郭爾羅斯)前旗
職業: 政治家
各種表記
繁体字 齊黙特色木丕勒
簡体字 齐默特色木丕勒
拼音 Qímòtèsèmùpīlè
発音転記: チモトスムピロ
ラテン字 Ch'i-mo-t'o-se-mu-p'i-lo
テンプレートを表示

チムトシムベロ中華民国満州国の政治家。モンゴル族。満州国では蒙政部大臣などをつとめた。克荘

事績[編集]

清末民初の活動[編集]

チンギス・カンの弟ジョチ・カサルの後裔。幼い頃からモンゴル族貴族としての教育を受け、蒙古語満語漢語を習得した。1897年光緒23年)、札薩克輔国公爵に任ぜられる[2]。翌年、哲里木盟副盟長となり、1905年(光緒31年)、盟長に昇進した。1907年(光緒27年)、鎮国公爵となった[3]

中華民国建国後の1912年民国元年)、多羅貝子に任ぜられる。翌年、多羅郡王となった。1914年(民国3年)には、和硯親王に任ぜられ、同年3月、約法会議議員となっている[4]北京政府から優遇されていたチムトシムベロだったが、やはり清朝復興を望み、これを画策するようになった。例えば1925年(民国14年)には、川島浪速が画策した「満蒙独立盟約」に参加したとされる[5]。その一方で、チムトシムベロは吉林省内で隠然たる勢力を保持し、吉林省を統治していた張作相とも姻戚関係を有していた[6]

満州国での活動[編集]

満州事変(九・一八事変)勃発後、チムトシムベロは日本の支援を受けて蒙古自治会を組織した。さらに、満鉄の支援により鄭家屯で開催された蒙古王公会議にも出席している。翌年2月の満州国建国最高会議にも参加した。満州国建国後の1932年大同元年)3月14日、興安局局長に任ぜられた[7]。同年8月3日、興安局が興安総署に改組され、そのまま署長に留任している。1934年康徳元年)12月1日、興安総署が蒙政部に昇格した際にも、そのまま大臣に任ぜられた[8]

1937年(康徳3年)5月7日、チムトシムベロは参議府参議に異動している[9]。翌年、関東軍が蒙古王公に旧領に対する所有権・徴税権を放棄するよう求めてくると、これに率先して賛成した。1941年(康徳8年)3月、参議を辞職し、満洲電信電話株式会社副総裁に就任している。およそ1年後に辞任、帰郷した。1942年8月1日、故郷のゴルロス前旗で死去[5]。享年69(満68歳)。

[編集]

  1. ^ 『大満洲帝国名鑑』。
  2. ^ 長春档案信息資源網による。徐主編(2007)、2317頁は、1898年としている。
  3. ^ 長春档案信息資源網による。徐主編(2007)、2317頁は、1901年としている。
  4. ^ 徐主編(2007)、2317頁。
  5. ^ a b 長春档案信息資源網。
  6. ^ 吉林省方志館。
  7. ^ 「東省特別区長官に張景恵氏」『東京朝日新聞』昭和7年(1932年)3月15日。ただし同記事は「公安局長」と誤記している。
  8. ^ 郭主編(1990)、1754頁。
  9. ^ 「満州国内閣改造きょう発表、六大官勇退」『東京朝日新聞』1937年5月8日夕刊。

参考文献[編集]

晩年期のチムトシムベロ
 Flag of Manchukuo.svg 満州国
先代:
(創設)
興安局長
1932年3月 - 8月
次代:
(興安総署長に改組)
先代:
(興安局長から改組)
興安総署長
1932年8月 - 1934年3月
次代:
(蒙政大臣に改組)
先代:
(興安総署長から改組)
蒙政大臣
1934年3月 - 1937年5月
次代:
張景恵