ダーヴィト・ポッパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダーヴィト・ポッパー

ダーヴィト・ポッパーDavid Popper1843年6月16日 - 1913年8月7日 バーデン・バイ・ウィーン)は、オーストリア=ハンガリー二重帝国チェロ奏者・作曲家ユダヤ系チェコ人

プラハの音楽教師の家庭に生まれる。プラハ音楽院に学び、ハンブルク出身のチェリスト、ユリウス・ゴルターマンにチェロを師事して間もなく注目を集める。1863年に最初の演奏旅行を行い、ドイツでとりわけハンス・フォン・ビューローの称賛を浴びる。引き続きスイスオランダイングランドでも成功を収める。1867年ウィーンにデビューし、ウィーン宮廷歌劇場管弦楽団の首席チェロ奏者に就任。しかし1873年に、より大規模な演奏旅行に取り組むことが出来るようにオーケストラを退団し、ヨーロッパ全土で演奏会を催した。1882年フランスヴァイオリニストエミール・ソーレとともにスペインポルトガルで演奏会を開く。また、1890年にはブダペストブラームスピアノ三重奏曲第1番の初演でブラームスと共演している。

1872年に、フランツ・リスト門下の女性ピアニストゾフィー・メンター1846年1918年)と結婚するが、1886年離婚した。1896年よりブダペスト音楽院で教鞭を執る。フバイと親しかったが、バルトークと犬猿の仲であったといわれる。オーストリアで亡くなった。

ポッパーは当時のチェロの巨匠であっただけでなく、幅広いレパートリーを誇る演奏家であった。作曲家としてチェロのために数多くの作品を残し、4作のチェロ協奏曲や、3台のチェロと管弦楽のための《鎮魂歌 Requiem 》(1891年)があるが、今日でも演奏されるのは、《タランテラ》などのおびただしい数のサロン小品である。

外部リンク[編集]