ダーク大和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダーク大和(だーくやまと、1928年11月1日 - 1991年8月10日本名:長谷川 卓三)は日本奇術師司会者役者。「奇術界の玉三郎」のニックネームで知られる。日本奇術協会副会長。

来歴[編集]

島根県鹿足郡六日市町(現・吉賀町)生まれ[1]。その後広島に移住し、父の仕事(鍛冶屋)を手伝う最中、原爆投下により被爆者となる[1]。芸能好きの一家に育った大和は父の勧めで芸人となり、戦後は大衆演劇の大部屋俳優として辛酸を舐める[1]

1949年、師と慕う漫才師大和家八千代酒井儀二郎を追って上京[1]。この時「長谷川とんぷく」という芸名を名乗っていたが、師匠のアドバイスにより「ダーク大和」と改名。「ダーク」は暗い世相を反映して、大和は師匠に当たる大和家の屋号の一部を取って付けられたものであった[1]

その後演芸場での活躍が認められ、伴淳三郎が当時所属していた映芸プロダクションに入る。井沢八郎三波春夫こまどり姉妹らの歌謡ショーで司会を務める[1]。しかしこの頃から、仕事を手品師一本に絞るようになり、自前のショーの他、テレビ番組でレギュラー出演を果たす[1]

1991年8月10日、から肺炎を併発し死去。64歳。

弟子[編集]

大和は14人の弟子を取っている[1]。弟子は以下の通り。

エピソード[編集]

  • 生涯で3回結婚している。1回目は大衆演劇の役者時代、2回目は上京後程なくして、そして3回目は何と60歳の時。3回目の結婚式では還暦祝いの赤いちゃんちゃんこを着て臨んでいる[1]
  • 郷里が島根県ということもあり、安来節を得意とした。安来節を初披露したのは浅草木馬亭にて。その後も手品と組み合わせた「安来節手品」を完成させる[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j ダーク大和物語I love magic 手品師 ダーク広和の徒然雑記

参考文献[編集]

関連項目[編集]