タンブルウィード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
タンブルウィードとなったレケナウルティア
タンブルウィードとなり、柵にひっかかったen:Kali tragus
ガソリンスタンドに転がってきたタンブルウィード。この写真のように1~数個程度ならばさほど困りはしない。だが、数十個ほどが次から次へと集まりつづけると業務に支障が出るようになり、米国では地域や季節によってはそういうことが起きる。

タンブルウィード: tumbleweed)とは、夏の終わりごろに枯れてちぎれて、軽い玉(球)のようになり、風に吹かれて転がる、乾燥地帯の植物のことである[1]

概説[編集]

tumbleweed = tumble(転がる)+ weed()という構成の語であり、に吹かれて転がっている球状の枯れ草を漠然と指すための呼称・概念である。[2] 生物学的に特定の種の植物を指しているわけではない。→#タンブルウィードになる植物

根元から折れ、から分離した地上部分であり、枯れてはいるが、転がっていった先の場所で種子を落としたり撒き散らすことになり、結果として、その植物種の生き残りや数を増やすことや分布域を広げることに役立っている。

アメリカの乾燥地帯の荒野では広く見かけられるものであり、西部劇映画などでは、風が吹きすさぶ無人の荒野を転がってゆくところが画面に登場するものであり[3]、いかにも荒野、といった印象を見る者に与えるものである。

アメリカでは、ときおり大量発生して乾燥地帯にある街などに押し寄せ、風の通り道になった家の庭に山のように集まり住民を困らせたり、自動車のドライバーの不意をつき交通事故の原因になるなどして、ニュースになることがある。オーストラリアのビクトリア州ワンガラッタでは2016年の2月(つまりオーストラリアでは夏の終わりごろ)にタンブルウィードの発生によって複数の家が草に埋もれてしまうということも起きた[4]

タンブルウィードになる植物[編集]

タンブルウィードになる植物は多種類ある。米国では外来種のロシアアザミ(ヒユ科オカヒジキ属)が繁殖力が強く数も特に増えたので、結果として、タンブルウィードの中でも特に良く知られてはいるが、それだけをタンブルウィードと呼ぶきまりがあるわけではなく、例えば次に挙げるような種も枯れて風に転がり、そうなるとタンブルウィードと呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ Oxford Dictionary, tumbleweed
  2. ^ 日本ではあまり見かけられるものではないので、もともとこれを指す日本語があるわけでは無く、あえて訳せば「回転草」(あるいは「ころがり草」といったところ)である。
  3. ^ 例えば『荒野のガンマン』など
  4. ^ 「豪州で住宅が草に埋まる」(ロイター通信、動画つき)