タミラ・パシェク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
タミラ・パシェク
Tamira Paszek
Tennis pictogram.svg
Paszek WMQ14 (1) (14420314678).jpg
タミラ・パシェク
基本情報
フルネーム Tamira Shelah Paszek
国籍  オーストリア
出身地 同・ドルンビルン
生年月日 (1990-12-06) 1990年12月6日(27歳)
身長 165cm
体重 60kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2005年
ツアー通算 3勝
シングルス 3勝
ダブルス 0勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2007・13)
全仏 2回戦(2007・14)
全英 ベスト8(2011・12)
全米 4回戦(2007)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2012)
全仏 1回戦(2007-09・11-13)
全英 2回戦(2012・13)
全米 3回戦(2012)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 26位(2013年2月11日)
ダブルス 93位(2013年5月6日)
2015年9月6日現在

タミラ・パシェクTamira Paszek, 1990年12月6日 - )は、オーストリアドルンビルン出身の女子プロテニス選手。2011年ウィンブルドン女子シングルスでベスト8に入った選手である。自己最高ランキングはシングルス26位、ダブルス93位。これまでにWTAツアーでシングルス3勝を挙げる(ダブルス優勝はない)。身長165cm、体重60kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。「パスゼック」の表記揺れも多い。

来歴[編集]

パシェクは5歳でテニスを始める。パシェクの父はタンザニア出身で母はチリ出身である。2005年ウィンブルドンジュニア女子シングルスで決勝に進出し、アグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)に 3-6, 4-6 で敗れ準優勝している。10月26日に14歳でプロに転向。2006年全米オープンジュニア女子シングルスの決勝でアナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)に 6-3, 4-6, 5-7 で敗れている。

2006年9月のスロベニア・オープンでパシェクは予選から勝ち上がり決勝に進出。決勝ではマリア・エレナ・カメリン(イタリア)を 7-5, 6-1 で破り15歳でツアー初優勝を果たした。

2007年全豪オープンで予選を勝ち上がり4大大会に初出場。2回戦で第22シードのベラ・ズボナレワ(ロシア)に 1-6, 3-6 で敗れた。全仏オープンも2回戦で第1シードのジュスティーヌ・エナン(ベルギー)に敗れたが、ウィンブルドンでは3回戦で第12シードのエレーナ・デメンチェワ(ロシア)を 3-6, 6-2, 6-3 で破り4回戦まで進出した。全米オープンでも3回戦で第11シードのパティ・シュナイダー(スイス)を 4-6, 6-4, 7-6(1) で破り4回戦に進出している。

2008年は4大大会では好成績を残せなかったが、ロジャーズ・カップの3回戦で当時世界ランキング1位のアナ・イバノビッチ(セルビア)に 6-2, 1-6, 6-2 で勝利した。コモンウェルス・バンク・テニス・クラシックではツアー2度目の決勝に進出したが、パティ・シュナイダー(スイス)に 3-6, 0-6 で敗れている。

2010年9月のケベック・シティ大会でパシェクは予選から勝ち上がりツアー3度目の決勝に進出した。決勝ではベサニー・マテック=サンズ(アメリカ)を 7-6(6), 2-6, 7-5 で破りツアー2勝目を挙げた。

2011年ウィンブルドン選手権でパシェクは1回戦で森田あゆみ(日本)に 5-7, 6-3, 6-0 で逆転勝ちをして勢いに乗り、3回戦でフランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)に 3-6, 6-4, 11-9 で競り勝った。4回戦ではクセーニャ・ペルバク(ロシア)を 6-2, 2-6, 6-4 で破り4大大会初のベスト8進出を果たした。準々決勝では第4シードのビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に 3-6, 1-6 で完敗した。

2012年6月のエイゴン国際では決勝で アンゲリク・ケルバー(ドイツ)を 5–7, 6–3, 7–5 で破りツアー3勝目を挙げた。ウィンブルドンでは1回戦で第7シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)に 5–7, 7–6, 6–4 で勝利して勝ち上がり2年連続のベスト8に進出した。準々決勝ではビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に 3-6, 6-7 で敗れている。ロンドン五輪にも初出場し1回戦でアリーゼ・コルネ(フランス)に 6–7, 4–6 で敗れた。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 4回 (3勝1敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2006年9月24日 スロベニアの旗 ポルトロス ハード イタリアの旗 マリア・エレナ・カメリン 7–5, 6–1
準優勝 1. 2008年9月14日 インドネシアの旗 バリ ハード スイスの旗 パティ・シュナイダー 6–3, 6–0
優勝 2. 2010年9月19日 カナダの旗 ケベックシティ ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 ベサニー・マテック=サンズ 7–6(6), 2–6, 7–5
優勝 3. 2012年6月23日 イギリスの旗 イーストボーン ドイツの旗 アンゲリク・ケルバー 5–7, 6–3, 7–5

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 通算成績
全豪オープン 2R 1R 1R 1R 1R 1R 2R LQ A 1R 2–8
全仏オープン 2R 1R 1R A 1R 1R 1R 2R LQ LQ 2–7
ウィンブルドン 4R 1R 1R LQ QF QF 1R 1R 1R 1R 11–9
全米オープン 4R 2R A 2R 1R 1R LQ LQ LQ LQ 5–5

外部リンク[編集]