タハール・ラヒム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タハール・ラヒム
Tahar Rahim
Tahar Rahim
2012年
生年月日 1981年7月4日(32歳)
出生地 フランスの旗 フランスベルフォール
民族 アルジェリア系[1]
身長 171 cm[2]
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビ
活動期間 2005年 -

タハール・ラヒム (Tahar Rahim、1981年7月4日 - ) は、フランス俳優

生い立ち[編集]

アルジェリアオランからの移民の両親の下に生まれる[1]。青年期から映画に熱中し、モンペリエ第3大学で映画を学ぶ[3]

キャリア[編集]

在学中の2005年、友人のシリル・メネガンが監督したドキュドラマ『Tahar l'étudiant』に主演。2007年、アブドゥル・ラウーフ・ダフリフランス語版が脚本を書いたCanal+のミニシリーズ『La commune』に出演。この撮影中にジャック・オディアールと知り合い、厳しいテストの末、ダフリが脚本に参加したオディアールの映画『預言者』の主役を得た[3]。2009年に第62回カンヌ国際映画祭で初上映された同作でラヒムは第35回セザール賞主演男優賞と有望若手男優賞を受賞した。

2011年にはケヴィン・マクドナルドが監督した『第九軍団のワシ』で初めて外国の映画に出演し、ゲール語での演技を披露したほか、ロウ・イエの『パリ、ただよう花』、ジャン=ジャック・アノーの『Black Gold』に出演した。2013年にはアスガル・ファルハーディーの『ある過去の行方』、ジュリアン・ルクレールフランス語版の『Gibraltar』、レベッカ・ズロトヴスキフランス語版の『The Informant』の公開が控える。

フィルモグラフィ[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]