タチアナ・ユマシェワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
タチアナ・ユマシェワ
Татьяна Борисовна Юмашева
Funeral of Boris Yeltsin-22.jpg
右からタチアナ・ユマシェワ、中央ナイーナ・エリツィナ、左姉イリーナ(2007年亡父エリツィンの葬儀で)
生年月日 (1960-03-14) 1960年3月14日(58歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ロシア共和国スヴェルドロフスク(現在のエカテリンブルク
出身校 モスクワ大学情報数学・人工知能学部
前職 コンピューター学者、ロシア連邦大統領補佐官
配偶者 ワレンチン・ユマシェフ
親族 ボリス・エリツィン(父)

在任期間 1996年 - 1999年
テンプレートを表示

タチアナ・ボリソヴナ・ユマシェワロシア語: Татьяна Борисовна Юмашева、ラテン文字表記の例:Tatyana Borisovna Yumasheva、前名は、タチアナ・ディアチェンコまたはジアチェンコロシア語: Татьяна Борисовна Дьяченко、ラテン文字表記の例:Tatyana Borisovna Dyachenko1960年3月14日 - )は、ロシアコンピュータ学者、政治家ロシア連邦大統領ボリス・エリツィンの次女で、エリツィンを中心とするセミヤー(ファミリー)と呼ばれる側近グループの中心としてエリツィン時代後期に国政に影響力を及ぼした。

なお、ディアチェンコは、最初の夫の苗字であり、その後、エリツィンの報道官を務めたワレンチン・ユマシェフと結婚し、ユマシェフ姓を名乗っている。

経歴・人物[編集]

1960年3月14日、ボリス・エリツィン、ナイーナ夫妻の次女としてスヴェルドロフスク(現在のエカテリンブルク)に生まれる。1978年スヴェルドロフスク第9学校を経て、1983年モスクワ大学情報数学・人工知能学部を卒業する。大学卒業後、サリュート設計局を経て、1994年までクルニチェフ国家研究生産宇宙センターに勤務する[1]

1996年ロシア大統領選挙でエリツィン選対のメディア対策顧問を務めた[2]のがタチアナが政治へ介入するきっかけとなった。その後、影響力を強め、エリツィン・ファミリー(セミヤー)の中心として、アレクサンドル・ヴォローシン、ユマシェフらと組んで、権勢を振るい、、エフゲニー・プリマコフ首相の解任にあたっては、夫ユマシェフ、オリガルヒボリス・ベレゾフスキーとともに解任劇を画策したとされる。1996年から1999年まで、ロシア大統領顧問。ロシア公共テレビ(ORT、チャンネル1)取締役も務めた。1999年にロシア大統領府とスイスの建設会社マベテックス社との間で贈収賄容疑が浮上した際にはタチアナの名も挙がり、カードによる巨額の買い物の代金をマベテックスに肩代わりさせたともいわれる。

エリツィン退陣後もロシア大統領府顧問として公職に留まったが、プーチン政権によりセミヤーの影響力は排除され2001年に辞している。以後は亡父エリツィンを記念するエリツィン財団の運営に当たっている。

ユマシェフ夫妻は、モスクワ・シティ(モスクワ国際ビジネスセンター)の高層ビル、インペリア・タワーとキャピタル・シティの半分(49.58パーセントのシェア)を所有している[3]

2009年一家そろってオーストリアの市民権を取得した[4]

脚注[編集]

  1. ^ Kirillov, Vladimir (2002). “Khrunichev Center - Leader of the Russian Space Sector”. Eksport Vooruzheniy (Centre for Analysis of Strategies and Technologies) (3). http://mdb.cast.ru/mdb/3-2002/mas/kclrss/. 
  2. ^ “Rescuing Boris”. Time. (1996年7月15日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,984833-3,00.html 
  3. ^ (ロシア語) ユマシェワのタワー”. ヴェドモスチ (2013.4.26  ). 2013年11月3日閲覧。
  4. ^ (ロシア語) エリツィンの令嬢、タチアナ・ユマシェワ、オーストリア市民権を取得”. ロシアRBCテレビ (2013.4.26  ). 2013年11月3日閲覧。

外部リンク[編集]