ナイーナ・エリツィナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナイーナ・エリツィナ(2011年2月撮影)
エリツィン夫妻(2006年2月1日、エリツィンの75歳の誕生日のスナップ)

ナイーナ・イオシフォヴナ・エリツィナロシア語: Наина Иосифовна Ельцина、ラテン文字表記の例:Naina Iosifovna Yeltsina1932年3月14日 - )は、ロシア連邦大統領ボリス・エリツィンの夫人。旧姓はギーリナГиринаGirina)。ロシア語では通常男性女性の語尾が異なるが(文法上のによる変化)、それを反映せずにナイーナ・エリツィンとする記述もある。

概要[編集]

1932年オレンブルク州チトフカ村に生まれる。両親は正教古儀式派の富裕な信徒であった[1]1955年スヴェルドロフスクウラル工科大学建築学部を卒業する。在学中に夫となるボリス・エリツィンに出会う。大学卒業後、さまざまなプロジェクトに関係した仕事に就く。その後、1956年エリツィンと結婚した。二人の間には、1957年生まれのイリーナと1959年生まれのタチアナの二女がいる。

ナイーナ夫人は公的な場所には出ることは少なかった。それでも、大統領となったエリツィンとともに1997年スウェーデン [2]フィンランド [3]および1999年中国を訪問している。 [4] 概して、エリツィンの親族と側近たち(セミヤー、ファミリー)の中にあって、ナイーナ夫人は、政治に干渉することは無かった。しかし、エリツィンが再選を賭けた1996年ロシア大統領選挙においては、夫を助け選挙戦に臨み、メディアに姿を現した。[5]2007年4月23日エリツィンが亡くなる。4月25日モスクワ救世主ハリストス大聖堂で営まれた国葬に参列し、亡夫を送った。

参照[編集]

外部リンク[編集]