タウヌス山地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
タウヌス山地
Grosser-feldberg-taunus015.jpg
ホーホタウヌス郡の町とグローセル・フェルトベルク (2007年7月撮影)
所在地 ドイツの旗 ドイツ
位置 北緯50度14分0秒 東経8度27分0秒 / 北緯50.23333度 東経8.45000度 / 50.23333; 8.45000座標: 北緯50度14分0秒 東経8度27分0秒 / 北緯50.23333度 東経8.45000度 / 50.23333; 8.45000
最高峰 グローセル・フェルトベルク (878m)
延長 75km
35km
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

タウヌス山地 (Taunus)は、ドイツヘッセン州フランクフルト・アム・マインの北に広がる山地である。最高峰は標高878mのグローセル・フェルトベルクドイツ語版

タウヌス山地に所在する自治体はホーホタウヌス郡マイン=タウヌス郡ラインガウ=タウヌス郡ドイツ語版リンブルク=ヴァイブルク郡ドイツ語版、そしてラインラント=プファルツ州ライン=ラーン郡がある。一帯は地温勾配が高くまたミネラルウォーターがわき出しているため各地に温泉街がある。

フォード・モーターがかつて生産していたフォード・タウヌスの名前はこの山地に由来する。

概要[編集]

山地はライン山塊ドイツ語版の一部を構成し、ライン川マイン川ラーン川で区切られている。ライン川対岸にはフンスリュック山地が続く。標高は最高点でも900mに届かず、山全体が森林に覆われている。

タウヌス山地はデボン紀の堆積物で形成された[1]。主要構成岩石は千枚岩緑色片岩片麻岩粘板岩砂岩[2]。山地は地形・地質から以下の三つに細分される。

歴史[編集]

ローマ帝国期、この地域はゲルマニア・スペリオルに属しリメスが築かれた。

260年頃からアレマン人が定住、エシュボルンに彼らの墓所が築かれた。500年に発生したトルビアックの戦いの結果、アレマン人は追い出されて、新たにフランク人が移住した[3]

それから数世紀、この地域は湯治場として発展した[4]。古くから温泉街として発展した町にバート・ホンブルク・フォア・デア・ヘーエがあり、ほかにも16・17世紀からバート・シュヴァルバッハドイツ語版バート・エムスで温泉が掘削された。19世紀になるとヴィースバーデン、バート・ホンブルク・フォア・デア・ヘーエ、バート・ナウハイムバート・ゾーデン・アム・タウヌスなどの温泉街が人気を博した[5]

森林[編集]

タウヌス山地の森林面積は約114,000haであり、その90%は公有林となっている。ブナオークが6割以上を占める広葉樹林は原生林を思わせるが、持続可能な範囲の伐採と天然更新による林業が行われている[6]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Zur geologischen Entstehung des Taunus (ドイツ語)
  2. ^ Geologische Highlights im Geopark Westerwald-Lahn-Taunus (ドイツ語)
  3. ^ Egon Schallmayer et al. (eds.) Die Römer im Taunus. Frankfurt a. M. 2005, ISBN 3797309554 (ドイツ語)
  4. ^ Great Spas of Europe”. UNESCO. 2016年3月10日閲覧。 Lists Bad Ems, Bad Homburg vor der Höhe, and Wiesbaden among the 16 in total.
  5. ^ Heinz Biehn, Der Taunus. Hohe Wälder, weite Täler, warme Quellen. Amorbach 1972 (ドイツ語)
  6. ^ 杉野千鶴 「タウヌス-輝ける森の日々」 p.i-p.ii 2006年12月1日 社団法人日本森林技術協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]