ゾンビスクール!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゾンビスクール!
Cooties
監督 ジョナサン・マイロット
キャリー・マーニオン
脚本 リー・ワネル
イアン・ブレナン英語版
原案 イアン・ブレナン
リー・ワネル
ジョシュ・C・ウォーラー
製作 ダニエル・ノア
ジョシュ・C・ウォーラー
イライジャ・ウッド
トーヴ・クリステンセン英語版
ゲオルギー・マルコフ
スティーヴン・シュナイダー
製作総指揮 イアン・ブレナン
リー・ワネル
ゲヴォンド・アンドレアシアン
サリク・アンドレアシアン
ヘイデン・クリステンセン
セス・ウィリアム・マイヤー
ウラジミール・ポリャコフ
出演者 イライジャ・ウッド
レイン・ウィルソン
アリソン・ピル
ジャック・マクブレイヤー英語版
リー・ワネル
ナシム・ペドラド英語版
ホルヘ・ガルシア
音楽 クレング英語版
撮影 ライル・ヴィンセント
編集 ブレット・W・バックマン
製作会社 SpectreVision
Glacier Films
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート・プレミア
日本の旗 プレシディオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年1月18日
サンダンス映画祭
アメリカ合衆国の旗 2015年9月18日
日本の旗 2016年2月13日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $348,091[1]
テンプレートを表示

ゾンビスクール!』(原題: Cooties)は、2015年アメリカ合衆国ホラーコメディ映画イライジャ・ウッドが製作総指揮と主演を務め、ジョナサン・マイロットとキャリー・マーニオンが監督を、リー・ワネルイアン・ブレナン英語版が脚本を務めた。

アメリカ合衆国では、2014年1月18日のサンダンス映画祭でプレミア上映が行われた後[2]、2015年9月18日に限定公開とビデオ・オン・デマンドが開始された[3]

ストーリー[編集]

小説家を目指してニューヨークに出たものの、早々に夢をあきらめたクリントは実家に戻り、母校の小学校で臨時教員として働き始める。しかし、初日から生徒たちになめられ、同僚の教員たちはかつての同級生・ルーシーを除いて変わり者が多く、クリントはなかなか打ち解けられずにいた。

そんな中、子供たちの大好きな給食の時間でチキン・ナゲットを食べた1人の女子生徒が、突如ゾンビに変貌する。そのゾンビに襲われた生徒たちも次々とゾンビへ変わり果て、教員や大人たちに襲いかかってきた。

難を逃れたクリントたち教員と感染を逃れた2人の生徒はすぐさま学校を閉鎖すると、ボールやシンバル、ホッケースティックなど、校内のありとあらゆるもので完全武装し、キッズゾンビとの戦いに挑む。

キャスト[編集]

クリント
- イライジャ・ウッド日本語吹替 - 浪川大輔
本作の主人公。小説家を目指していたが早々に夢を諦め、母校の小学校で臨時教師(担当教科は国語)として務め始める。しかし馴れない教師生活に悪戦苦闘する。武器はラクロスのスティック。
ウェイド
演 - レイン・ウィルソン、日本語吹替 - 若本規夫
体育教師。ゾンビたちから逃れた教師たちの中でリーダー役を担う。ルーシーの恋人で、彼女のかつての同級生であるクリントをライバル視している。
学校脱出時はクリントに自分の愛車を託して学校に残り、単身ゾンビに挑む。終盤でハタチ・リックと共に生還し、ゾンビたちを一網打尽にする。
ルーシー
演 - アリソン・ピル、日本語吹替 - 七緒はるひ
クリントのかつての同級生。母校でずっと教師を務めており、教師生活に馴れないクリントのことを気にかけている。
トレイシー
演 - ジャック・マクブレイヤー英語版、日本語吹替 - あべそういち
美術教師。軟弱な性格。終盤でゲイであることをカミングアウトする。武器は数本のフォーク等で作成した特製フレイル
ダグ
演 - リー・ワネル、日本語吹替 - 坂田明寛
理科教師。感情をあまり表に出さない性格。武器は特製スタンガン
レベッカ
演 - ナシム・ペドラド英語版、日本語吹替 - 土井真理
社会科教師。ヒステリックな性格で、学校内でのゾンビ騒動に教師たちの中では一番パニックを起こしている。武器はシンバル
シムズ
演 - イアン・ブレナン英語版、日本語吹替 - 山本兼平
副校長。自己中心的な性格。ゾンビ化した生徒たちに襲われ死亡。
リック
演 - ホルヘ・ガルシア、日本語吹替 - 中林俊史
用務員。影で覚醒作用のあるキノコを摂取しており、キリンの幻覚を見ることがある。終盤で生還したウェイド・ハタチと共にクリントたちと合流した(ただし、リック本人は今回のゾンビ騒動をあまり理解していない模様)。
タマラ
演 - モーガン・リリー
生徒たちがゾンビ化する中で感染を逃れた女子生徒。校庭でゾンビたちに襲われそうだったところをバルコニーにいたクリントたちに助けを求め、難を逃れる。
ゾンビたちから逃げる最中、傷を受けたものの、感染するのは思春期前の子供だけであり、彼女自身は初潮を迎えていたため、最初にかすり傷を受けたクリントと共に感染しなかった。
カルヴィン
演 - アルマーニ・ジャクソン
クリントが務めるクラスの男子生徒。糖尿病を患っている。他のクラスメイトはクリントの授業をまともに受けていないが、自身のみ真面目に授業を受けている。生徒たちがゾンビ化する中、一人テスト勉強を勤しんでいたために感染を逃れ、最初にクリントたちに助けられる。
ハタチ
演 - ピーター・ウォン、日本語吹替 - 宮崎敦吉
守衛。物語中盤でクリントたちと合流し行動を共にする東洋人。武術に長けており、カンフーが得意とする。
学校脱出時はクリント達を先に校内から脱出させて単身ゾンビに挑み、リック・ウェイドと共に生還する(エンドクレジット後では校内のゾンビたちを全滅させた彼の姿が見られる)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]