ソーンサイ・シーパンドーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソーンサイ・シーパンドーン
ສອນ​ໄຊ ສີ​ພັນ​ດອນ
ラオスの副首相英語版
就任
2016年4月20日
ブントーン・チットマニー英語版及びソムディ・ドゥアンディ英語版とサービング
首相トーンルン・シースリット
個人情報
生誕 (1966-01-26) 1966年1月26日(56歳)
政党ラオス人民革命党

ソーンサイ・シーパンドーン[1]ラーオ語: ສອນ​ໄຊ ສີ​ພັນ​ດອນ英語: Sonexay Siphandone1966年1月26日 - )は、ラオス政治家で、ラオス人民革命党(LPRP)の党員。元LPRP議長カムタイ・シーパンドーンの息子であり、ヴィエントーン・シーパンドーン英語版の兄弟である[2]。2022年6月現在、ラオスの副首相英語版を務めている[3]

第8回全国代表者大会英語版でLPRP中央委員会委員に[2]第10回全国代表者大会英語版でLPRP政治局員に選出された。

日本との関係[編集]

2017年3月6日、閣僚級招聘により滞在中の東京岸田文雄外務大臣と会談した[4][5]

2022年9月22日、来たる27日に実施予定の故安倍晋三国葬儀にソーンサイ副首相及び夫人がラオス代表として参列することが、日本国外務省により発表された[6][7]

出典[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

書籍:

  • Creak, S. & Sayalath, S. (2017). “Regime Renewal in Laos: The Tenth Congress of the Lao People's Revolutionary Party”. Southeast Asian Affairs: 179–200.