ソースせんべい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ソースせんべいは、日本駄菓子の一つで、小麦粉コーンスターチ脱脂粉乳甘味料などを混ぜて焼いて作られた煎餅[1]

ソースせんべい

概要[ソースを編集]

メーカーによっては「花丸せんべい」「ミルクせんべい」などと呼ばれるが、1970年代駄菓子屋では赤いパンダの印がデザインされた通称「赤パンダ印」の五十鈴製菓(埼玉県川口市)のソースせんべいが定番であった[2]。脱脂粉乳の使用は花丸せんべいのメーカーである花丸本舗(神奈川県横浜市)が1948年昭和23年)に、当時の食糧難に際して子供たちの栄養を考慮して発案したもので、栄養豊富として好評を得た[3][4]

主な食し方[ソースを編集]

単品ではあっさりした味でやや物足りないため、ジャム蜂蜜水飴などを塗って食べることが多く[5][6]、中でも梅ジャムを塗ることが定番であった[2]街頭紙芝居に付き物の駄菓子としても定番であり[7]、昭和40年代の下町では紙芝居用のせんべいが盛んに作られていた[8]。当時は紙芝居師が、せんべい1枚1枚にソースを塗って子供たちに売っていた[1]

小売形態[ソースを編集]

駄菓子屋ではビニール袋入りのソースとセットで売られていたが[1]、小袋売りのものはすでに販売を終了しており、平成期では90枚から180枚入りの大量パック売りが主流である[2]縁日屋台でも人気であり、贅沢な高級菓子類の氾濫している現代だからこそ、素朴な味に子供たちが惹かれているようである[9]

応用[ソースを編集]

なお食品以外の利用として、東京都立品川ろう学校教諭・堀田勝俊が聾児への音声教育として、ソースせんべいの欠片を上顎に貼って発声時の舌の位置を確認させる「ウエーファ・メソッド」と呼ばれる方法を考案しており、音声教育において良く知られている[10][11]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 奥成 1995, p. 172
  2. ^ a b c 初見 2006, pp. 86-87
  3. ^ 放送後記”. キニナル. 文化放送 (2014年9月14日). 2014年10月18日閲覧。
  4. ^ 横浜は「新しい文化のまち」株式会社花丸本舗 佐藤白砂さん”. ヨコハマNOW (2014年10月10日). 2014年10月18日閲覧。
  5. ^ 初見 2006, p. 135.
  6. ^ 駄菓子事典”. キャラメル横丁. マルホ. 2014年10月13日閲覧。
  7. ^ 初見 2006, p. 16.
  8. ^ 歴史(ソースせんべい)について”. 五十鈴製菓. 2014年10月13日閲覧。
  9. ^ 小沢昭一 『裏みちの花』 文藝春秋1989年、98-100頁。ISBN 978-4-16-343600-5
  10. ^ 城生佰太郎他編著 『コンピュータ音声学』 おうふう〈日本語教育学シリーズ〉、2001年、226頁。ISBN 978-4-273-03163-3
  11. ^ ウエハー(ミルクせんべい)”. 総合支援学校の教材・教具. 山口県. 2014年10月18日閲覧。

参考文献[ソースを編集]