ソラフェニブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソラフェニブ
Sorafenib.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
ライセンス EMA:リンクUS FDA:リンク
胎児危険度分類
  • AU: D
  • US: D
法的規制
投与方法 Oral
薬物動態データ
生物学的利用能 29-49%
血漿タンパク結合 99.5%
代謝 肝臓酸化グルクロン酸化 (CYP3A4による)
半減期 25–48時間
排泄 糞便中 (77%)、腎臓 (19%)
識別
CAS番号
284461-73-0
ATCコード L01XE05 (WHO)
PubChem CID: 216239
DrugBank APRD01304
KEGG D08524
別名 Nexavar
Sorafenib tosylate
化学的データ
化学式 C21H16ClF3N4O3
分子量 464.825 g/mol

ソラフェニブ: Sorafenib)は、腎癌肝細胞癌に対して用いられる分子標的治療薬の一つ。バイエル薬品オニキス・ファーマシューティカルが開発し、ソラフェニブのトシル酸塩が製剤化されている。2009年9月現在、腎細胞癌に対して80ヵ国以上、肝細胞癌に対して70ヵ国以上で承認されている[1]。商品名はネクサバール®(Nexavar)。

効能または効果[編集]

  • 根治切除不能又は転移性の腎細胞癌,
  • 切除不能な肝細胞癌
  • 分化型甲状腺癌

薬理[編集]

ソラフェニブには大きく言って2つの作用点がある。B-Rafのキナーゼ活性やc-KIT受容体のチロシンキナーゼ活性などを阻害することで腫瘍進行を阻止する一方で、血管内皮増殖因子受容体(VEGFR)や血小板由来成長因子受容体(PDGFR)のチロシンキナーゼ活性を阻害し腫瘍血管形成に対抗する。奏効率は4%程度だが、対プラセボで無増悪生存率を4倍に延長[2]させたとされ、腎細胞癌などに有効である。

副作用[編集]

重大な副作用は、手足症候群、剝脱性皮膚炎がほとんど。 但し、中毒性表皮壊死融解症皮膚粘膜眼症候群や多形紅斑がまれにある。出血はごく軽いものもあわせて全体の10%程度の人にあり重篤な場合は使用を中止する。肝機能障害やそれにともなう肝性脳症があらわれることがあり、異常が認められた場合には本剤を減量休止する。 その他の副作用は、リパーゼ上昇、手足症候群、アミラーゼ上昇、発疹、脱毛、下痢、高血圧、疲労、食欲不振、GOT上昇など[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “ネクサバール:進行性乳癌に対する第II相臨床試験において、化学療法との併用で無増悪生存期間を74%改善” (プレスリリース), バイエル薬品, (2009年9月30日), http://byl.bayer.co.jp/scripts/pages/jp/press_release/press_detail/?file_path=2009%2Fnews2009-09-30.html 2010年2月27日閲覧。 
  2. ^ Ratain MJ, Eisen T, Stadler WM, Flaherty KT,Kaye SB, Rosner GL, Gore M, Desai AA, PatnaikA, Xiong HQ, Rowinsky E, Abbruzzese JL, XiaC, Simantov R, Schwartz B, O’Dwyer PJ. PhaseⅡ placebo-controlled randomized discontinuationtrial of sorafenib in patients with metastatic renal cell carcinoma. J Clin Oncol 2006; 24: 2505-12.
  3. ^ ソラフェニブトシル酸塩錠(ネクサバール錠200mg バイエル薬品株式会社)取扱い説明書 [1]