セントーサ・デベロップメント・コーポレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Sentosa Development Corporation
Sentosa Office 2, Sentosa, Aug 06.JPG
本部
組織の概要
設立年月日 1972年9月1日
管轄 シンガポール政府
本部所在地 33 Allanbrooke Road, Sentosa, Singapore 099981
行政官
  • Dr Loo Choon Yoong(会長)
  • Mike Barclay(CEO)
上位組織 通商産業省 (シンガポール)
ウェブサイト www.sentosa.gov.sg

セントーサ・デベロップメント・コーポレーション(Sentosa Development Corporation、SDC)は通商産業省の下に設置された法定機関。セントーサ・デベロップメント・コーポレーションは1972年9月1日にセントーサ島の開発、運営、広報を目的に設置された。セントーサ開発公社と呼ばれることもある。

[編集]

セントーサ島以外にもシンガポール南部の以下の島々の管理を行なっている。

  1. セントーサ島
  2. セントジョンズ島
  3. シスターズ島英語版
  4. ハントゥ島英語版
  5. ビオラ島英語版
  6. ジョン島英語版
  7. ラザラス島(Lazarus Island)
  8. クス島英語版
  9. スリンガ島(Pulau Seringat)
  10. トゥクコール島(Pulau Tekukor)

下部組織[編集]

SDCにはいくつかの下部組織がある。 セントーサ・レジャー・マネージメントはセントーサ島の運営、セントーサ・コーヴはセントーサ・コーヴの開発、管理を行なっている。

モノレール[編集]

2007年に開業したシンガポール本島とセントーサ島を結ぶセントーサ・エキスプレスを運行している。

本部は以前島内を走行していたセントーサ・モノレールのSDCオフィス・モノレール駅にあったが、2005年に駅が閉鎖後移転。建物はバーに改築された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]