セントラル地区 (ボツワナ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セントラル

Central District
セントラル地区の位置
セントラル地区の位置
南緯22度0分 東経26度0分 / 南緯22.000度 東経26.000度 / -22.000; 26.000
ボツワナの旗 ボツワナ
首府 セロウェ
面積
 • 合計 142,302 km2
人口
(2016年)
 • 合計 681,600人
 • 密度 4.8人/km2
等時帯 UTC+2 (CAT)
ISO 3166コード BW-CE

セントラル地区Central District)は、ボツワナ東部の行政区。ングワト族の本拠地でボツワナ最大の行政区である。

歴代大統領セレツェ・カーマフェスタス・モハエイアン・カーマは何れもセントラル地区出身である。

地理[編集]

パラペ、セロウェが主要都市で、南アフリカ共和国との国境を流れるリンポポ川は時折鉄砲水をもたらす。北東にジンバブエ北マタベレランド州ノースイースト地区、ジンバブエ南マタベレランド州、南東に南アリンポポ州、南西にカトレン地区クウェネン地区、西にハンツィ地区、北西にノースウェスト地区と接する。ボテティ川、レパスヘ川などの季節河川がマカディカディ塩湖(マカリカリ低地)へ流れる。

行政区画[編集]

ボボノン (Bobonong)、ボテティ (Boteti)、マハラピェ (Mahalapye)、オラパ (Orapa)、セレビ=ピクウェ (Selebi-Phikwe)、セロウェ/パラペ (Serowe/Palapye)、ソワタウン (Sowa Town)、トゥトゥメ (Tutume) の8つのサブディストリクトが置かれている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]