スブヒディン・モハマド・サレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スブヒディン・モハマド・サレー Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Subkhiddin Mohd Salleh
基本情報
国籍 マレーシアの旗 マレーシア
生年月日 1966年11月17日
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

スブヒディン・モハマド・サレー(Subkhiddin Mohd Salleh, 1966年11月17日 - )は、マレーシア出身の元サッカー審判員である。本職は教師。スブヒディン・モハド・サレーと記されることもある。2010 FIFAワールドカップAFCアジアカップ2004AFCアジアカップ2007AFCアジアカップ2011をはじめ、多くの国際試合で笛を吹いた。

日本では、2004年のAFCアジアカップ準々決勝で、日本ヨルダンのPK戦において、ピッチのコンディションが悪いことを理由に、宮本恒靖の抗議を受け入れ、途中で使用ゴールを変更した事で知られている。後にあの時の判断については、「公平なプレーを実現するために行ったまでのこと。芝生が大きくずれるのを確認もした。」と語っている。