ススワタリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ススワタリ(煤渡り、すすわたり)とは、スタジオジブリの映画「となりのトトロ」と「千と千尋の神隠し」に登場する架空の妖怪である[1][2][3]。作中ではまっくろくろすけまたはくろすけなどと呼ばれることもある[4][5]

「となりのトトロ」でのススワタリ[編集]

黒くて丸い、子供の拳ほどの大きさの毛玉状の身体。真ん中に二つの目がついているという姿。形状的には「ケサランパサラン」に近い。イメージソング「すすわたり」が収録されたCDの歌詞カードなどには、本編での姿を頭部として、胴や足が付いたイラストも存在する。
主人公であるサツキとメイ、その父タツオの三人が引っ越してきた古い家に大群で住み着いていて、サツキたちによって住居部分が掃除され、日の光が入るようになってからは、暗い二階の壁のすきまなどに潜んでいた。
物語の舞台となった地域では、住処をと埃だらけにしてしまうものと言い伝えられているようで、ススワタリの気配を追って二階へ上がったサツキとメイの手足もまっ黒になってしまった。
空き家の管理をしていた大垣家のおばあちゃんは、その様子を見ただけで「こりゃススワタリが出たな」と合点し、「妖怪ですか?」というタツオの問いには「そったらおそろしげなもんじゃねえよ」「ニコニコしとれば、悪さはしねぇし」と言って、自身も子供の頃にはススワタリが見えたと語っている。
不思議でほとんど無害な存在ではあるものの、人間と好んで共存しようとする訳でもないようで、おばあちゃんの「いつの間にか、いなくなっちまうんだ」という言葉通り、ススワタリの群れは、その日の夜に、どこへともなくゆっくりと飛び去っていった。
劇中における本来の「まっくろくろすけ」はススワタリそのものではなく、何かの絵本に登場するキャラクター[6]で、正体不明の気配に騒ぐ二人の娘に、タツオが「明るいところから急に暗い所に入ると、目がくらんで『まっくろくろすけ』が出るのさ」と言うシーンで名前が出てくる。この遣り取りから、サツキとメイはススワタリの事を「まっくろくろすけ」と呼ぶようになった。
「ワキャッ!」という小さな声で囁くように鳴くが、この音声はアフリカに住むピグミーの声をサンプリングし、久石譲が作成したものである[7]
「千と千尋の神隠し」に登場するススワタリとは異なり、手足は無い。

「千と千尋の神隠し」でのススワタリ[編集]

魔法使いの湯婆婆(ゆばーば)が経営する「神様のお湯屋」油屋で、ボイラー担当である釜爺のもと、何匹もが下働きをしている。こちらのススワタリは針金のような細い手足が生えたクモのような姿[5]で、石炭などの物を持って運ぶことができる。 エサは金平糖[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ kinro_ntvのツイート (535763185765068801)
  2. ^ kinro_ntvのツイート (535763415008940032)
  3. ^ となりのトトロ劇中では「妖怪ですか?」という問いに「そんな恐ろしげなものではない」といった遣り取りがある
  4. ^ kinro_ntvのツイート (487571257039151104)
  5. ^ a b kinro_ntvのツイート (487572351307874305)
  6. ^ 名前を聞いて「『まっくろくろすけ』って、絵本に出てた?」と反応するサツキにタツオが「そうさ」と応えている
  7. ^ kinro_ntvのツイート (487572476352671744)
  8. ^ 本編28分頃に、「飯の時間」と称してススワタリらに金平糖をばらまく描写がある

関連項目[編集]