ジョー・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョー・ジョーンズ
生誕 (1911-10-11) 1911年10月11日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
死没 (1985-09-03) 1985年9月3日(満73歳没)
担当楽器 ドラム

ジョー・ジョーンズ"Papa" Jo Jones1911年10月11日 - 1985年9月3日)はアメリカシカゴ出身のジャズドラマー

略歴[編集]

カウント・ベイシー楽団初期のリズムセクション「オール・アメリカン・リズム・セクション」の一員であり、非常にシンプルかつ正確なプレイは、その笑顔をいつも絶やさないキャラクターと相まって、ベイシー楽団の顔の一つだった。スウィング時代の他の有名なドラマーと比べると、確かに派手さは無いものの、最も正確で、最もシンプルで、最も表情豊かなプレイだったといえる。そのプレイは時代を先取りし、無数の録音に参加していることからもうかがい知れる。ブラッシュ奏法に秀で、シンプルなドラムセットで、多彩なサウンドを作る名手。ライド・リズムの創始者とも言われる。