ジョージ・キング (植物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョージ・キング

ジョージ・キング英語: Sir George King、 (1840年4月12日 - 1909年2月12日)は、イギリス植物学者である。1871年から、王立カルカッタ植物園の監督官を務め、1890年にインド植物調査局の最初の局長を務め、1901年にリンネ・メダルを受賞した。

略歴[編集]

アバディーンシャーのPeterheadの書店主の家に生まれた。父親の兄弟も出版に携わっていた。1845年に父親、1850年に母親を失い、叔父に養育され、しばらく出版業を手伝ったが、自然科学への関心から医師になることを決意し、1861年にアバディーン大学に入学した。植物学者のジョージ・ディッキー(George Dickie)の教えを受け、1862年にディッキーの助手になった。1865年にM.Bを取得した。ウィリアム・ジャクソン・フッカーに海軍の軍医となって、各国の植物を収集することを薦められたが、インドに興味を持ち、1865年に募集が再開されたインド医療団(Indian Medical Service)に応募し、フッカーから託された南米原産のトコンを携えてインドに渡り、1866年4月にカルカッタに到着した。

最初に総合病院に勤務した後、医学大学病院で働いたが、肺炎にかかり、乾燥した環境への転地を勧められ、第41ベンガル歩兵連隊に配属され、アーグラに赴任した。病気は改善せず、中央インドのグナなどを経て、サハーランプルの植物園に赴任した。1869年に森林局の管理人助手に採用された。この時期、余暇に植物学を研究し、救荒植物を研究し、グナ地域の鳥類調査にも参加した。森林局の改革に成功した。カルカッタ植物園のトーマス・アンダーソンが病気になり、1870年に帰欧した後、キングはその後任に選ばれ、植物園の監督になり、同時にベンガル医学校の教授となった。カルカッタ植物園の耐火性を高め、植物の配置を分類学によるものに変更するなどの改革を行った。

1873年のカルカッタ動物園の創立に貢献し、ダージリンの植物園の設立準備にも貢献した。マラリアの治療薬となるキナノキの栽培に関する著書がある。ジョセフ・ダルトン・フッカーの著書『英領インドの植物』(Flora of British India)の出版に貢献した。1891年にインド植物調査局(Botanical Survey of India)の長官に就任し、インド農業・栽培協会(Agricultural and Horticultural Society of India)の会長を何度か務めた。1884年に法学博士(LL.D.)の学位を得て、1887年に王立協会の会員に選ばれた。カルカッタ植物園の紀要の刊行を始め、1901年に王立園芸協会からヴィクトリア名誉メダル、ロンドン・リンネ協会からリンネ・メダルを受賞した。キナノキの栽培の功績で、薬学協会の名誉会員に選ばれた。

キツネノマゴ科の種、Aphelandra kingiiEranthemum kingiiPseuderanthemum kingiiのシノニム)などに献名されている。

Kingは、植物の学名命名者を示す場合にジョージ・キング (植物学者)を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

参考文献[編集]

  • Prain, David (1909). "Sir George King". Philosophical Transactions of the Royal Society. Obituary Notices of Fellows Deceased.: xi–xxviii.
  • King, G (1893). "Annonaceae of British India". Annals of the Royal Botanic Garden, Calcutta 4.
  • King, G. (1887). "Part 2. Natural history". Journal of the Asiatic Society of Bengal 55 (2): 407.
  • Brummitt, R. K.; C. E. Powell (1992). Authors of Plant Names. Royal Botanic Gardens, Kew. ISBN 1-84246-085-4.