ジョージナ・スペルヴィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョージナ・スペルヴィン
Georgina Spelvin
プロフィール
別名義 Michelle Graham(本名)、
Shelley Abels、
Claudia Clitoris、
Tia Von Davis、
Dorothy May、
Merle Miller、
Ruth Raymond、
Georgette Spelvin、
Ona Tural
生年月日 1936年3月1日
現年齢 81歳
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州
瞳の色 ブラウン
毛髪の色
公称サイズ([1]の時点)
身長 / 体重 162 cm / 54 kg
BMI 20.6
スリーサイズ 86 - 64 - 86 cm
カップサイズ B(米国サイズ)
活動
他の活動 女優
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

ジョージナ・スペルヴィン Georgina Spelvin(本名ミッシェル・グレアム Michelle Graham1936年3月1日[1] - )は、アメリカ合衆国の元ポルノ女優。1973年の映画『ミス・ジョーンズの背徳』の主演女優として、最も知られている。

ミス・ジョーンズ以前[編集]

子供の時、ミッシェル・グレアムは急性灰白髄炎の犠牲となった。しかし彼女はダンサーになれる程にまで、身体機能を回復した。彼女はプロとしてのキャリアをニューヨークのコーラスガールから始め、ブロードウェイミュージカルガイズ&ドールズ』、『スイート・チャリティー』、『The Pajama Game』に出演[2] [1]。1957年には最初の映画『The Twilight Girls 』(ソフトコアのレズビアン映画)に出演した[2]

ミッシェルからジョージナへ[編集]

グレアムの友人、俳優のハリー・リームスが彼女をポルノ映画監督ジェラルド・ダミアーノに紹介し、グレアムは一般映画からポルノ映画界へと移った [1]。彼女は芸名を舞台俳優が伝統的に偽名として用いる、ジョージ・スペルヴィンから借用した。

スペルヴィンは1960年代後半に2、3のセクスプロイテーション映画に出演したことが知られているが、彼女をハードコアポルノの世界で最も有名な人物の1人としたのは、1973年の映画『ミス・ジョーンズの背徳』の主演である。1982年に引退するまでに、スペルヴィンは70本以上のポルノ映画に出演した[1]。のみならず、彼女は低予算のエクスプロイテーション映画Girls For Rent (別名I Spit on Your Corpse 』(彼女は衣裳デザイナーも務めた) や、『ポリスアカデミー』と『ポリスアカデミー3/全員再訓練!』に出演した。これらは一般映画であったが、彼女は娼婦の役を当てられた。観衆は有名なポルノスターにスクリーン上で会える事を期待していた。フェラチオの実行が、それらの映画の中で暗にほのめかされている。彼女はまたルース・レイモンド (Ruth Raymond) とクレジットされた『ヘルマザー/鮮血の愛 (Bad Blood) 』(1993年) や、『Next Year in Jerusalem 』(1997年) などの一般映画にも出演し、『Dream On 』や『The Lost World 』といったテレビ番組にゲスト出演した。

ジョージナ・スペルヴィンは、ポルノシック(おしゃれポルノ)の時代を象徴していた。1973年にロバート・バークヴィスト (Robert Berkvist) は、ニューヨーク・タイムズ紙に「『ミス・ジョーンズ』は、[真っ当で裕福なニューヨーク郊外の]スカースデールで、ブロードウェイにいるかの如く、よく知られている。」と記している。

ミス・ジョーンズ以後[編集]

ポルノ映画から引退後、スペルヴィンは2001年に65歳で引退するまで、コンピュータグラフィックデザイナーを続けた[1][2]

2004年、スペルヴィンはビビッド・ビデオによる『ミス・ジョーンズの背徳』のリメイク作品、『The New Devil in Miss Jones 』にスペシャル・ゲスト・スターとして出演した[2][3]

2008年5月、彼女は自叙伝『Devil Made Me Do It』を出版し、インターネット上でファンに告知する短いウェブクリップに出演した。自費出版のこの本は、彼女の公式ウェブサイトを通して入手できる[4]

私生活[編集]

1970年代、スペルヴィンは同僚のポルノスターで、『ミス・ジョーンズの背徳』の共演者の1人である、クレア・リュミエール(別名ジュディス・ハミルトン)と長期に渡りレズビアンの関係にあった[5]。2008年現在、彼女は夫で俳優のジョン・ウェルシュ[2]ロサンゼルスに住んでいる[3]

受賞歴[編集]

受賞

  • 1976年 AFAA 最優秀助演女優賞 『Ping Pong[6]
  • 1977年 AFAA 最優秀主演女優賞 『アネット・ヘブンのスパークポルノ (Desires Within Young Girls)[6]
  • 1978年 AFAA 最優秀助演女優賞 『メイクラブ/テイク・オフ (Take Off)[6]
  • 1979年 AFAA 最優秀助演女優賞 『U.S.A.セックスマシーン (Esctacy Girls)[6]
  • 1980年 AFAA 最優秀助演女優賞 『激芯/アーバンクライマックス (Urban Cowgirls)[6]
  • 1981年 AFAA 最優秀主演女優賞 『Dancers[6]
  • 1985年 XRCO殿堂顕彰[7]
  • AVN殿堂顕彰[8]
  • Legends of Erotica[9]

ノミネート

  • 2006年 AVN 最優秀ノン・セックス演技賞 『The New Devil in Miss Jones[10]

脚注[編集]

外部リンク[編集]