ジョーウチ・ヴォーディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯48度21分59秒 東経33度30分9秒 / 北緯48.36639度 東経33.50250度 / 48.36639; 33.50250

ジョーウチ・ヴォーディ
Coat of Arms of Zhovti Vody.svg Flag of Zhovti Vody.svg
市章 市旗
ジョーウチ・ヴォーディの位置(ウクライナ内)
ジョーウチ・ヴォーディ
 ウクライナ
ドニプロペトローウシク州
地区 ジョーウチ・ヴォーディ地区
団体コード 1210700000
人口 48,032人 (2011年8月1日)
面積 33.25 km²
人口密度 1444.6 人 / km²
郵便番号 52200-52290
電話コード +380-5652
インタネット 公式サイト

ジョーウチ・ヴォーディウクライナ語: Жовті Води)はウクライナドニプロペトローウシク州ジョーウチ・ヴォーディ地区にある都市ジョーウタ川の河岸に位置する。都市の高さは海抜150 mである。面積は33.25 km²。人口は48,032人 (2011年8月1日)、人口密度は1444.6 人 / km²。

ジョーウチ・ヴォーディは1895年に創建された。1957年に市制施行された。

市内ではジョーウチ・ヴォーディ駅がある。首都キエフまでの直線距離は312 kmであるが、鉄道で km、車道で380kmとなっている。州庁所在地までの直線距離は111 km、鉄道で135 km、車道で136kmとなっている。ジョーウチ・ヴォーディの日は、8月の最後の日曜日となっている。

語源[編集]

ジョーウチ・ヴォーディは「黄色」という意味になるが、ジョーウタ川Річка Жовта)に由来する名称である。

地勢[編集]

ジョーウチ・ヴォーディはウクライナで最も若い都市のひとつで、市制が敷かれたのは1957年のことであった。人口は5万1500人で、総面積は33km2である。町は、ジョーウタ川の谷間に位置しており、州都ドニプロペトロウシクからは136km隔たっている。

都市名称の由来となっているジョーウタ川は、ドニエプル川に流れ込むインフレーツィ川Інгулець)の支流である。その水はその名の通り黄色く濁っており、これは鉄鉱石の成分が流れ出て酸性を帯びているためとされる。中国黄河とはその成り立ちが異なる。

歴史[編集]

1648年春、ウクライナ・コサックヘーチマン(首領)ボフダン・フメリニツキーがジョーウチ・ヴォーディ渓谷でポーランド・リトアニア共和国政府軍を撃破し、この戦いをきっかけにウクライナ独立の機運が高まった。この戦いはフメリヌィーツィクィイの乱の最初の重要な合戦であり、後にジョーウチ・ヴォーディの戦いとして記憶された。

ジョーウチ・ヴォーディ渓谷に最初の居住区が作られたのは17世紀のことで、ザポロージャ・コサックの小(хутор)が置かれた。その後、村は発展し、セロー・ジョーウテ(село Жовте)となった(セローは規模の大きな村のこと)。18世紀末には200人が居住し、農業牧畜が行われていた。19世紀末にはジョーウタ川の水が多量の鉄鉱石を含むことが判明した。1895年からその採集が開始され、村はジョーウタ川居住区(селища Жовті Ріка)と呼ばれるようになった。採集作業は1901年から本格化した。

大祖国戦争開戦時には6万5000人が居住した。1941年8月13日にジョーウタ川居住区はナチス・ドイツによって占領され、居住区では反ファシズム組織が結成された。ドニエプル川の戦いののち、1943年10月20日にはイヴァーン・コーネフ将軍率いる赤軍によってドイツ軍の占拠から解放された。

1950年にはウラン鉱石を含むということが発見され、すぐさまその採取が始められた。1951年7月24日には、東鉱山選鉱コンビナート(Східний гірничо-збагачувальний комбінат)が開設され、現代に至るまでウラン産業が発展している。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]