ジョン・モーガン・エヴァンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョン・モーガン・エヴァンズ
John Morgan Evans
JohnMEvans.jpg
生年月日 (1863-01-07) 1863年1月7日
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミズーリ州の旗 ミズーリ州ペティス郡セデーリア英語版
没年月日 (1946-05-12) 1946年5月12日(83歳没)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ワシントンD.C.の旗 ワシントンD.C.
所属政党 US Democratic Party Logo.svg 民主党

選挙区 Flag of Montana.svg モンタナ州全州選挙区
当選回数 3回
在任期間 1913年3月4日 - 1919年3月4日
選挙区 Flag of Montana.svg モンタナ州第1選挙区
当選回数 1回
在任期間 1919年3月4日 - 1921年3月4日
当選回数 5回
在任期間 1923年3月4日 - 1933年3月4日
テンプレートを表示

ジョン・モーガン・エヴァンズ英語: John Morgan Evans, 1863年1月7日-1946年3月12日)は、アメリカ合衆国政治家。所属政党は民主党。20世紀前半、モンタナ州選出のアメリカ合衆国下院議員として通算9期の任期を務めた。

経歴・人物[編集]

1863年1月7日、エヴァンズはミズーリ州ペティス郡の郡都セデーリア英語版で生まれた。ニューヨーク州ウェストポイントの陸軍士官学校に進学した後、地元に戻りミズーリ大学を卒業した。法律を学び、モンタナ州ミズーラで弁護士を開業した後、警察裁判所の判事、合衆国土地局の登記官、モンタナ州ミズーラ市長などの公職を歴任した。

1912年、民主党員としてモンタナ州全州選挙区からアメリカ合衆国下院議員に出馬し、当選を果たした。1918年の選挙から全州選挙区が廃止され、西部の第1選挙区と東部の第2選挙区が設置された。以後、エヴァンズはミズーラが含まれる第1選挙区から出馬を決めた。5期目を目指した1920年選挙では共和党のワシントン・J・マコーミックに破れて落選したが、1922年選挙で議席を回復した。その後、5期の任期を務めたが、1932年選挙で党からの指名を受けられず政界を引退した。

1946年3月12日ワシントンD.C.で亡くなった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • United States Congress. "ジョン・モーガン・エヴァンズ (id: E000247)". Biographical Directory of the United States Congress (英語).
  • ジョン・モーガン・エヴァンズ - Find a Grave(英語)
アメリカ合衆国下院
先代:
チャールズ・プレイ
アメリカ合衆国の旗 モンタナ州全州選挙区
選出議員

第8代: 1913年3月4日 - 1919年3月4日
同職:トム・スタウトジャネット・ランキン
次代:
ジョン・モーガン・エヴァンズ
モンタナ州第1選挙区として
次代:
カール・リディック
モンタナ州第2選挙区として
新設
全州選挙区の廃止
アメリカ合衆国の旗 モンタナ州第1選挙区
選出議員

初代: 1919年3月4日 - 1921年3月4日
次代:
ワシントン・J・マコーミック
先代:
ワシントン・J・マコーミック
アメリカ合衆国の旗 モンタナ州全州選挙区
選出議員

第3代: 1923年3月4日 - 1933年3月4日
次代:
ジョセフ・モナハン