ジョン・ブラッドリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョン・ブラッドリー
John Bradley
John Bradley.jpg
生誕 1923年10月23日
アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国
ウィスコンシン州 アンティゴ
死没 (1994-01-11) 1994年1月11日(70歳没)
アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国
ウィスコンシン州 アンティゴ
所属組織 Seal of the United States Department of the Navy.svgアメリカ海軍
軍歴 1942 - 1945
最終階級 二等衛生兵
テンプレートを表示

ジョン・ヘンリー・"ジャック"・"ドク"・ブラッドリー(John Henry "Jack" "Doc" Bradley、1923年10月23日 - 1994年1月11日)は第二次世界大戦におけるアメリカ海軍衛生兵ジョー・ローゼンタールによる有名な、星条旗を掲揚する写真(en:Raising the Flag on Iwo Jima)に写っていた6人のうちの一人であると70年間にわたって信じられてきた人物である。

彼が1945年2月23日、二回にわたる硫黄島摺鉢山の頂上に星条旗を立てる作業に参加したこと自体は事実である。彼は、摺鉢山の星条旗掲揚に参加した兵の中で最も長く生きた。

2014年、オマハ・ワールド・ヘラルド(en:Omaha World-Herald)が疑念を報道し[1]、米ケーブルテレビ(CATV)のスミソニアン・チャンネルがローゼンタール氏の写真に写っていた米兵たちの身元を検証するドキュメンタリー番組を制作したことを機に調査を行ったところ、写真に写るジョン・ブラッドリーが別人ではないかという疑念がでた。

海兵隊でも調査をした結果、映っているのはブラットリーではなく、ミシガン州デトロイト出身のハロルド・シュルツen:Harold Schultz)一等兵であることが確認されて、米国海兵隊は公式にこれを認めて、訂正した[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ [1]Hansen, Matthew (23 November 2014). "New mystery arises from iconic Iwo Jima image". Omaha World-News.
  2. ^ USMC STATEMENT ON IWO JIMA FLAG RAISERS U.S. Marine Corps Communication, Headquarters Marine Corps, 2016年6月23日
  3. ^ AFPニュース『「硫黄島の星条旗」、写真の1人は人違い 米海兵隊が認める』http://dot.asahi.com/afp/2016062400057.html

脚注[編集]

注釈[編集]