ジョン・サンズ (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジョン・サンズ(John Sands、1859年3月4日1924年2月29日)は、フットボールリーグ結成以前の時期にノッティンガム・フォレストゴールキーパーを務めたイングランドサッカー選手で、一度だけイングランド代表チームにも出場した。

経歴[編集]

サンズは、ノッティンガムに生まれ、地元の少年サッカーを経て、1878年ノッティンガム・フォレストに加わり、すぐにクラブ代表として出場するようになった.[1]。当時、チームは特定の公認されたリーグに参加していなかったので、試合は「フレドリーズ (friendlies)」と称された非公式戦か、FAカップ戦しかなかった。サンズは、チームが1879年のFAカップ準決勝英語版(2-1でオールド・イートニアンズ英語版に敗退)に、また続けて1880年のFAカップ準決勝英語版(1-0でオックスフォード大学英語版に敗退)へと進出した際に活躍した。

1880年3月27日に行われたFAカップ準決勝戦の直前、3月15日に行われたウェールズ代表とのアウェイの試合で、サンズは、彼にとって唯一の機会となった、イングランド代表に選ばれた。この遠征では、サンズを含め6人がイングランド代表デビューを飾り[2]、イングランドが 3–2 で勝利し、特典のうち2点はクラッパム・ローヴァーズ英語版フランシス・スパークス英語版が挙げたゴールだった。後半ではトム・ブリンドル英語版が負傷退場し、イングランドはひとり少ない10人でプレーした[3]

サンズはその後もノッティンガム・フィレストで1883年までプレーし、記録に残る最後の出場は、1883年1月の1879年のFAカップ英語版の3回戦再試合であった[1]

サッカー以外についての彼の経歴は、ほとんど記録に残されていない。

脚注[編集]

  1. ^ a b Graham Betts (2006). England: Player by player. Green Umbrella Publishing. pp. 211. ISBN 1-905009-63-1. 
  2. ^ Gibbons, Philip (2001). Association Football in Victorian England - A History of the Game from 1863 to 1900. Upfront Publishing. pp. 57–58. ISBN 1-84426-035-6. 
  3. ^ Wales 2 England 3, 15 March 1880 (Match summary)

外部リンク[編集]