ジョン・コルトレーン・プレイズ・ザ・ブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
John Coltrane Plays the Blues
ジョン・コルトレーンスタジオ・アルバム
リリース 1962年
録音 1960年10月24日10月26日
ジャンル ジャズ
時間 46:06
レーベル アトランティック
プロデュース Nesuhi Ertegün
ジョン・コルトレーン 年表
マイ・フェイヴァリット・シングス ジョン・コルトレーン・プレイズ・ザ・ブルース コルトレーンズ・サウンド
テンプレートを表示

ジョン・コルトレーン・プレイズ・ザ・ブルース』(John Coltrane Plays the Blues )は、ジャズサックス奏者ジョン・コルトレーン1960年10月に録音した演奏の一部を収録したアルバムで、1962年アトランティック・レコードより発表された。

解説[編集]

コルトレーンは1960年に自身のレギュラーカルテットを結成。960年10月21日、24日と26日に行われた録音セッションは自身のレギュラーカルテットで臨む初のレコーディングで、一度に多数のトラックを吹き込む、いわゆる「マラソン・セッション」となった。このとき録音された演奏の一部は、1961年にアルバム『コルトレーン・ジャズ』の中に組み込まれてリリースされた。続いて同じ年にアルバム『マイ・フェイヴァリット・シングス』がリリースされており、翌1962年ブルースの演奏ばかりを集めて本アルバムがリリースされた。1964年には残りの演奏を集めて『コルトレーンズ・サウンド(夜は千の目を持つ)』がリリースされる。

ブルースは一般にAAB形式で構成され、Bの部分のコード進行はV→IV→I(いわゆる541ブルース)、またジャズにおけるルースではBの部分のコード進行としてII→V→I(キーがCならばDm7→G7→C7、いわゆる251ブルース)となることが多い。本アルバムの前半のタイトルが"Blues To"で始まる曲はいわゆる従来型の541ブルースか251ブルースである。これに対してアルバムの後半のタイトルが"Mr."で始まる曲はAAB形式ではあるものの、541や251のような形式ではなく自由な形式が採用されている。こういったブルースに乗って行われるコルトレーンのソロも、十分に間(休符)をとってモーダルに歌い上げており、かつて特徴としたシーツ・オブ・サウンドは完全になりを潜めている。

なお「ブルース・トゥ・ベシェ」という曲のタイトルに出てくるベシェとは、ジャズ・ソプラノサックスの先駆的奏者シドニー・ベシェのことである。

収録曲[編集]

  • ブルース・トゥ・エルヴィン - Blues To Elvin(John Coltrane)
  • ブルース・トゥ・ベシェ - Blues To Bechet(John Coltrane)
  • ブルース・トゥ・ユー - Blues To You(John Coltrane)
  • ミスター・デイ - Mr. Day(John Coltrane)
  • ミスター・シムズ - Mr. Syms(John Coltrane)
  • ミスター・ナイト - Mr. Knight(John Coltrane)
  • アンタイトルド・オリジナル - Untitled Original (Exotica)(John Coltrane)

演奏メンバー[編集]