ジョルジュ・アペール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョルジュ・ヴィクトール・アペール(Georges Victor Appert、1850年9月1日 - 1934年3月28日)はフランス法学者、日本研究者。明治期に来日したお雇い外国人の一人。

来歴[編集]

シャンパーニュ州マルヌ県エペルネ生まれ。1869年パリ大学法学部入学、1872年法学博士号を取得後[1]、弁護士として活動。1879年に日本政府と雇用契約を結び、司法省の法律顧問兼法学教師として来日。司法省法学校明治法律学校東京法学校などで教壇に立った。1884年父の病気のため一時帰国。翌年再来日し、東京帝国大学法科大学教師に就任し、東京法学校にも再び出講した。1889年に帰国した後はパリ大学講師となり、法律雑誌編集に従事するかたわら大宝律令御成敗式目のフランス語訳を発表した。1934年3月28日パリの自宅で肺充血のため死去。その葬儀には多くの在仏日本人が参列した。

著書[編集]

  • 『Du terme en droit romain et en droit français』 1876年
  • 『経済学講義』 1883年
  • 理財学講義』 1884年
  • 『Dictionnaire des termes de droit, d'économie politique et d'administration』 1885年
  • 『旧日本(Ancien Japon)』 博聞社、1888年
  • 仏国商社法要義』 1890年
  • 『Un code de la féodalité Japonaise au XIIIe siècle』 1900年
  • 『日本立法資料全集』 別巻 337、仏国相続法講義、2005年

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『明治大学小史―人物編』 22頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]