ジョゼフ・ロージー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Joseph Losey
ジョゼフ・ロージー
本名 Joseph Walton Losey
別名 Andrea Forzano
生年月日 1909年1月14日
没年月日 1984年6月22日(満75歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ウィスコンシン州
死没地 イギリスの旗 イギリス ロンドン
職業 映画監督
ジャンル 映画
配偶者 ドロシー・ブロミリー 離婚
パトリシア・ロージー 死別

ジョゼフ・ロージーJoseph Losey1909年1月14日 - 1984年6月22日)は、アメリカ合衆国出身のヨーロッパの映画監督である。日本での表記はジョセフ・ロージーとの揺れがある。赤狩りで活動が制限された頃は、イタリア名アンドレア・フォルツァーノ(Andrea Forzano)でも活動した。

人物・来歴[編集]

1909年1月14日アメリカ合衆国ウィスコンシン州に生まれる。

1948年RKOより映画監督としてデビューした。その後、赤狩りの影響で1953年にイギリスに亡命し、以後イギリス、あるいはフランス等で作品を作り続けた。

1967年の『できごと』でカンヌ国際映画祭審査員特別賞を、1970年の『』でパルム・ドールを受賞。1976年の『パリの灯は遠く』はセザール賞で作品賞と監督賞を受賞している。

1980年にはパリ・オペラ座の依頼で、ムソルグスキー作曲のオペラ『ボリス・ゴドゥノフ』を演出した。

1984年6月22日、死去。

監督作品[編集]

外部リンク[編集]