ジョエル・ステビンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョエル・ステビンス(Joel Stebbins、1878年7月30日1966年3月16日)はアメリカ合衆国天文学者である。天文学分野への光電測光技術の開拓者である。

ネブラスカ州オマハで生まれた。ネブラスカ大学で学んだ後、カリフォルニア大学で博士号を得た。1903年から1922年の間、イリノイ大学天文台で働き、1913年から天文台長となる。1922年から1948年の間ウィスコンシン大学マディソン校ウォッシュバーン天文台長をつとめた。1948年から1958年まではリック天文台で研究をおこなった。

1900年代の始めから1950年代にかけて、天文学の観測に光電測光技術を利用する技術の開発を行い、光電池の利用に始まり、光電管、真空管増幅器、光電子倍増管の利用へと発展させた。これらの新技術を用いて、食連星の観測、星間物質による恒星の光の吸収の研究などを行った。

[編集]

命名[編集]

小惑星:(2300) Stebbins

外部リンク[編集]