ジュリアン・スクリャービン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュリアン・スクリャービン

ユリアン・アレクサンドロヴィチ・スクリャービンJulian Alexandrovich Scriabin ロシア語: Юлиан Александрович Скрябин, 1908年2月12日 - 1919年6月22日)はロシア作曲家アレクサンドル・スクリャービンがその愛人タチヤナ・ド・シュレーゼールともうけた男児。日本では、ジュリアンと呼ばれている。

神童としてピアノ演奏と作曲に目ざましい能力を発揮し、レインゴリト・グリエールに師事して、亡父の晩年様式によるピアノ曲を数点残した。将来が嘱望されていたものの、11歳のときに船の転覆事故により、キエフドニエプル川水死した。

作品一覧[編集]

すべてピアノ曲であり、前奏曲と題されている。

  • 前奏曲 作品2(1918年)
  • 2つの前奏曲 作品3(1918年)
  • 前奏曲 作品3
  • 前奏曲 (1919年)

現在のところ最も入手しやすい音源は、エフゲーニ・ザラフィアンツによる録音である。

外部リンク[編集]