ジャン=クロード・オロリッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
枢機卿
ジャン=クロード・オロリッシュ
枢機卿
ルクセンブルク大司教
Mgr JCL Hollerich cath 20111016.jpg
着座 2011年10月16日
他の役職 上智大学元副学長[1]
聖職
枢機卿任命 2019年10月5日
個人情報
出生 1958年8月9日
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク、ディフェルダンジュ
紋章 ジャン=クロード・オロリッシュの紋章
テンプレートを表示

ジャン=クロード・オロリッシュ(Jean-Claude Hollerich SJ, 1958年8月9日 - )は、ルクセンブルク出身のルクセンブルク大司教。2011年10月16日に叙階される。

日本語メディアにおいて、姓はドイツ語読みでホレリッヒと表記されることもある。

経歴[編集]

ルクセンブルクのディフェルダンジュ (Differdange) に生まれ、フィアンデン (Vianden) で育つ。1981年ローマの神学大学を卒業してイエズス会に入会し、1985年に来日する。上智大学日本語を学んだ後、1989年からフランクフルトミュンヘンドイツ学を学ぶ。1994年に上智大学外国語学部ドイツ語学科講師に就任し、1999年に同学科助教授[2]、2006年より教授となる。ドイツ語学科長、上智大学カトリックセンター長、同ヨーロッパ研究所所長、同副学長(学生総務担当)を歴任する。

2011年7月12日、教皇ベネディクト16世によりルクセンブルク大司教に任命される。同年10月16日、ルクセンブルクのノートルダム大聖堂にて叙階され、ルクセンブルク大司教区で3人目の大司教(司教としては8人目)となった。

ルクセンブルク語、ドイツ語はもちろんのこと、英語フランス語イタリア語オランダ語ラテン語、そして日本語を自在に操る。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]