ジャン・クロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン・クロードJean Claude、男性、1970年11月30日 - )は、アメリカ合衆国出身のキックボクサームエタイ戦士。元フェアテックスジム所属。

K-1参戦当初はジャン・クロード・リビエールとしていたが、後にジャン・クロードと改名した。

来歴[編集]

1996年3月10日、K-1デビューとなるK-1 GRAND PRIX '96 開幕戦で、ピーター・アーツと対戦。当時連勝中だったが、アーツのハイキックの前に1RKO負けを喫してしまう。また、そのKOシーンは「K-1史上最もインパクトのあるKO負け」と言われている[1]

同年12月8日、K-1 HERCULES '96では、ロブ・カーマンを戦意喪失に追い込み5RKO勝ち。

だが、K-1での勝利には恵まれず、レイ・セフォーサム・グレコなどといった実力者ファイターに敗れ続ける。

1998年にはK-1ラスベガス大会のトーナメントに出場。1回戦でトーマス・クチャゼウスキーに勝利するが、準決勝の相手はアンディ・フグを苦戦させたカーチス・シュースターだった。クロードはローキックでシュースターの左膝に重傷を負わせ破壊した上にダウンも奪い、この試合はクロードの勝利かと思われたが、最後まで諦めなかったシュースターのパンチラッシュの前に逆転KO負けを喫した。

戦績[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× デューウィー・クーパー 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2002 世界地区予選 USA大会
【1回戦】
2002年5月3日
× マイケル・マクドナルド 3R終了 判定1-2 K-1 WORLD GP 2001 USA大会
【1回戦】
2001年5月5日
× カーチス・シュースター 2R 2:32 TKO(右ストレート) K-1 THE NEW FIGHTING SPIRIT '98
【USA GP 準決勝】
1998年8月7日
トーマス・クチャゼウスキー 1R終了時 TKO(タオル投入) K-1 THE NEW FIGHTING SPIRIT '98
【USA GP 1回戦】
1998年8月7日
× サム・グレコ 2R 1:55 KO(右フック) K-1 GRAND PRIX '97 開幕戦
【1回戦】
1997年9月7日
× レイ・セフォー 7R終了 判定0-3 K-1 DREAM '97
【WKBA世界スーパーヘビー級王座決定戦】
1997年7月20日
× ピーター・アーツ 2R 3:08 TKO(右ハイキック) K-1 BRAVES '97 1997年4月29日
ステファン・レヴェヨン 3R 2:06 TKO(左ローキック) K-1 KINGS '97 1997年3月16日
ロブ・カーマン 5R 0:34 TKO(戦意喪失) K-1 HERCULES '96【スペシャルワンマッチ】 1996年12月8日
× レネ・ローゼ 1R 1:50 KO(右膝蹴り) K-1 GRAND PRIX '96【スペシャルワンマッチ】 1996年5月6日
× ピーター・アーツ 1R 2:43 KO(右ハイキック) K-1 GRAND PRIX '96 開幕戦【1回戦】 1996年3月10日

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 同試合で実況を務めていた青嶋達也が「このキックを見逃した奴は一生後悔するでしょう!」と叫んだほど。

外部リンク[編集]