ジャビット・バイラミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャビット・バイラミ
基本情報
通称 アンディ・フグの一番弟子
階級 ヘビー級
国籍 スイスの旗 スイス
誕生日 (1975-10-30) 1975年10月30日(41歳)
出身地 プリシュティナコソボ社会主義自治州ユーゴスラビア社会主義連邦共和国
身長 192cm
体重 98kg
スタイル 正道空手
テンプレートを表示

ジャビット・バイラミXhavit Bajrami1975年10月30日 - )は、コソボ出身で現スイス国籍の男性空手家キックボクサー。民族的にはアルバニア人である。非常に技術力があり、防御が固い選手。ほとんどの勝利は判定によるものである。驚くほどの集中力の持ち主でもある。アンディ・フグの一番弟子でもある。元ISKAムエタイ世界スーパーヘビー級王者。

来歴[編集]

1975年10月30日に、当時ユーゴスラビアの一部であったコソボに生まれ、格闘技を始める際にスイスに移住した。

1998年のK-1スイス大会でプロデビュー。

1999年6月20日、K-1 BRAVES '98に参戦。1回戦でシニサ・アンドリヤセビッチに3R2分32秒TKO勝ち。準決勝でミルコ・クロコップに延長R判定勝ち。決勝でロイド・ヴァン・ダムに延長R判定勝ちし優勝。

1999年10月3日、K-1 GRAND PRIX '99 開幕戦でアーネスト・ホーストに5R判定0-3負け。

2000年9月1日、K-1 WORLD GP ヨーロッパ&ロシア地区C予選に参戦。1回戦でピーター・ハモシ、準決勝でマーク・ディウィットを下すも決勝戦でユルゲン・クルトに3RKO負けし準優勝となった。

2001年7月20日、K-1 WORLD GP 2001 in 名古屋のスーパーファイトで参戦。サミール・ベナゾーズに延長1R判定勝ち。

2002年4月13日、K-1 WORLD GP 2002 クロアチア大会に参戦。1回戦でドラガン・ヨバノビッチに3RTKO勝ち。準決勝でシニサ・プルヤックに3R2-0判定勝ちするも、決勝でピーター・マエストロビッチに2R2:45KO負けし準優勝となった。

2003年5月30日、K-1 WORLD GP 2003 in BASELに参戦。1回戦で ユルゲン・クルトに延長判定2-1で勝利するも、続く準決勝でジェレル・ヴェネチアンに延長判定0-3で敗れた。

2004年3月27日、K-1 WORLD GP 2004 in SAITAMAに参戦。負傷欠場したレミー・ボンヤスキーの代打で出場し、アーネスト・ホーストと対戦。判定0-3で敗退。

2004年6月6日、K-1 WORLD GP 2004 in NAGOYAに参戦。健康診断の結果欠場したマービン・イーストマンの代打で出場し、マーティン・ホルムとワンマッチで対戦し、判定3-0で勝利。

2006年5月26日、スイスの大会でポール・スロウィンスキーと対戦し、判定負け。

2006年10月14日、African Bomba-Yaa(K-1南アフリカ大会)に参戦。ティメロ・マピュータと対戦しKO勝ち。

2006年11月11日、XPLOSIONマカオ大会に参戦。ポール・スロウィンスキーに判定負け。

2009年2月6日、K-1のモバイルサイトのコーナーで谷川貞治イベントプロデューサーから「海外で時々試合をしているみたいですが、もう少し実績を積んでほしいです。」との発言が出る。

2009年11月28日、K-1のモバイルサイトのコーナーで谷川貞治イベントプロデューサーからバイラミのISKA王座防衛などの質問の返答で「うん、知ってますよ。彼は本格派だからね。よし、来年出そう!」という発言が出ており、2010年4月3日のタイロン・スポーンの選手紹介映像の中で姿が確認され将来何らかの形でK-1の試合に出場すると思われていた。

そして、遂に2011年10月26日のK-1 WORLD GP 2011 in Nanjingに出場が決定した[1]が、大会自体が開催されなくなったため、参戦できなかった。

2012年にISKAムエタイ世界スーパーヘビー級王座を賭けてスイスで恩田剛徳と対戦し勝利を収めた。

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
36 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
21 10 1 0
13


勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
恩田剛徳 4R KO(左ハイキック) スイス
【ISKAムエタイ世界スーパーヘビー級タイトルマッチ】
2012年6月2日
シング・心・ジャディブ 5R終了 判定3-0 K-1 MAX Switzerland
【ISKAムエタイ世界スーパーヘビー級タイトルマッチ】
2011年7月2日
ダウィッド・トロイカ 3R KO(右ローキック) スイス
【WKN世界スーパーヘビー級タイトルマッチ】
2008年10月
フレディ・ケマイヨ 5R終了 判定 K-1 Gladiators
【ISKAムエタイ世界スーパーヘビー級タイトルマッチ】
2009年11月21日
マイク・シェパード 1RKO K-1 FIGHT NIGHT ISKA WM KAMPF ISKA FRAUEN EM KAMP 2009年6月27日
Daniel Torok TKO K-1 Rules Fight Night 2008 2008年10月
Francesco Ambrosio 1R KO  ?  ?
ピーター・マエストロビッチ 3R終了 判定3-0 スイス 2008年2月9日
× アレクサンダー・ウスティノフ 3R終了 判定0-3 Battle of Champions, Moscow 2007年11月30日
アレッサンドロ・ダムブロッシオ 1R KO Night of Fighters 2007年10月27日
× ポール・スロウィンスキー 判定 XPLOSION マカオ 2006年11月11日
ティメロ・マピュータ 3R KO African Bomba-Yaa 2006年10月14日
× ポール・スロウィンスキー 判定 スイス 2006年5月26日
× カール・グリシンスキー 判定  ?  ?
× ヴィタリ・オフラメンコ 判定 K-1 WORLD CHAMPION SHIPS 2004年9月18日
マーティン・ホルム 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2004 in NAGOYA 2004年6月6日
× アーネスト・ホースト 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2004 in SAITAMA 2004年3月27日
ピーター・グラハム 5R終了 判定 KINGS OF THE RINGKINGS 2004年3月6日
シーン・プルヤック 判定 K-1 FINAL FIGHT 2003年9月12日
× ジェレル・ヴェネチアン 延長R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2003 in Basel【準決勝】 2003年5月30日
ユルゲン・クルト 延長R終了 判定2-1 K-1 WORLD GP 2003 in Basel【1回戦】 2003年5月30日
× ピーター・マエストロビッチ 延長R終了 判定0-2 K-1 CROATIA GRAND PRIX 2002【決勝】 2002年4月13日
シーン・プルヤック 3R終了 判定2-0 K-1 CROATIA GRAND PRIX 2002【準決勝】 2002年4月13日
ドラガン・ヨバノビッチ 3R TKO K-1 CROATIA GRAND PRIX 2002【1回戦】 2002年4月13日
サミール・ベナゾーズ 延長R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2001 in NAGOYA 2001年7月20日
× アーネスト・ホースト 判定 2H2H - Simply The Best【K-1ルール】 2001年3月18日
× ユルゲン・クルト 3R KO K-1 GRAND PRIX EUROPE 2000【決勝】 2000年9月1日
マーク・デ・ウィット 2R KO K-1 GRAND PRIX EUROPE 2000【準決勝】 2000年9月1日
ピーター・ハモシ 1R KO K-1 GRAND PRIX EUROPE 2000【1回戦】 2000年9月1日
サミール・ベナゾーズ 判定3-0 K-1 FIGHT NIGHT 2000 2000年6月3日
× ステファン・レコ 3R終了 判定0-2 K-1 THE MILLENNIUM 2000年4月23日
× アーネスト・ホースト 5R終了 判定0-3 K-1 GRAND PRIX '99 開幕戦
【1回戦】
1999年10月3日
ロイド・ヴァン・ダム 延長R終了 判定3-0 K-1 BRAVES '99 〜グランプリへの道〜
【決勝】
1999年6月20日
ミルコ・クロコップ 延長R終了 判定3-0 K-1 BRAVES '99 〜グランプリへの道〜
【準決勝】
1999年6月20日
シニサ・アンドリヤセビッチ 3R 2:33 TKO(ドクターストップ) K-1 BRAVES '99 〜グランプリへの道〜
【1回戦】
1999年6月20日
カール・ベルナルド 2R 1:57 KO(レフェリーストップ) K-1 FIGHT NIGHT 1999 1999年6月5日
カークウッド・ウォーカー 5R終了 判定1-0 K-1 DREAM '98 〜7対7全面対抗戦〜 1998年7月18日
× ロブ・ファン・エスドンク 1R 2:39 TKO(ドクターストップ) K-1 FIGHT NIGHT 1998【準決勝】 1998年6月6日
マッテオ・ミノンジオ 3R+延長R終了 判定 K-1 FIGHT NIGHT 1998【1回戦】 1998年6月6日

獲得タイトル[編集]

  • K-1 BRAVES '99 トーナメント 優勝
  • WKNムエタイ世界スーパーヘビー級王座
  • WKAムエタイ欧州スーパーヘビー級王座
  • ISKAムエタイ世界スーパーヘビー級王座

脚注[編集]

  1. ^ TOP NEWS: K-1 World Garnd Prix 16 Finale am 29.10.2011 in China mit Xhavit *Gentleman* Bajramiジャビット・バイラミ公式サイト 2011年9月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]