ジャニーヌ・ヤンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャニーヌ・ヤンセン英語: Janine Jansen1978年1月7日 - )はオランダヴァイオリニスト

来歴[編集]

ユトレヒト州ススト(Soest)生まれ。6歳からヴァイオリンをはじめ、ユトレヒト音楽院に学ぶ。これまでにヴァイオリンをコーシェ・ウィーゼンビークフィリップ・ヒルシュホーンボリス・ベルキンに師事。14歳でオランダ放送交響楽団と共演してデビュー。2003年にはデッカと専属録音契約を結ぶ。ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ロンドン交響楽団フィルハーモニア管弦楽団ニューヨーク・フィルハーモニックフィラデルフィア管弦楽団パリ管弦楽団等世界の主要オーケストラと共演を重ねている。

2000年4月にヴァレリー・ゲルギエフ指揮ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の日本ツアーにソリストとして参加し初来日。以後、ミッコ・フランク指揮ベルギー国立管弦楽団(2004年7月)、ロジャー・ノリントン指揮シュトゥットガルト放送交響楽団(2008年1-2月)、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン(2010年11月)、シャルル・デュトワ指揮ボストン交響楽団(2014年5月)の各日本公演に帯同している。日本のオーケストラではNHK交響楽団と2005年1月(ウラディーミル・アシュケナージ指揮)、2009年4月(エド・デ・ワールト指揮)、2012年11月(エド・デ・ワールト指揮)に共演している。また2007年7月には読売日本交響楽団と共演予定であったが、自身の急病により来日はキャンセルされた。この他、2012年11月には日本での初めてのリサイタルを開催し、11月29日にはタワーレコード渋谷店でミニ・コンサートとサイン会も行った。

ソロ活動のほかに室内楽にも積極的に取り組んでおり、2003年ユトレヒトに国際室内楽フェスティバルを創設し、音楽監督を務めている。また1998年からスペクトラム・コンサーツ・ベルリンのメンバーとしても活躍している。

2003年にオランダ音楽賞を受賞したほか、これまでにエディソン・クラシック聴衆賞エコー賞ドイツ・レコード批評家賞NDR音楽賞等、多くの賞を受賞している。

楽器[編集]

エリーゼ・マティルデド基金から貸与されている1727年ストラディヴァリウス「Barrere(バレール)」

ディスコグラフィー[編集]

CD[編集]

DVD[編集]

  • ヴァルトビューネ2006「オリエンタル・ナイト」(2007年6月、Euroarts、2055318)


外部リンク[編集]