ミシェル・ファン・デル・アー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミシェル・ファン・デル・アー
Michel van der Aa
生誕 (1970-03-10) 1970年3月10日(50歳)
オランダの旗 オランダ、オス
出身地 オランダの旗 オランダ
職業 作曲家

ミシェル・ファン・デル・アーミシェル・ヴァン・デル・アーMichel van der Aa, 1970年3月10日 - )はオランダ作曲家。「ファン・デル・アー」で一続きの姓である。

経歴[編集]

ミシェル・ファン・デル・アーはオランダのオスの生まれ。ハーグ王立音楽院(en:Royal Conservatory of The Hague)で録音技師としての訓練を受けた。作曲はディーデリク・ワーナヘール(en:Diderik Wagenaar)、ヒリウス・ファン・ベルフエイク(en:Gilius van Bergeijk)、ルイ・アンドリーセンについて学んだ。

ファン・デル・アーの音楽はこれまで、ASKO/シェーンベルク・アンサンブル、フライブルク・バロック管弦楽団メルボルン交響楽団、ネーデルラント・オペラ(en:De Nederlandse Opera)、モーツァルテウム管弦楽団、シアトル・チェンバー・プレイヤーズ(en:Seattle Chamber Players)、アンサンブル・ノマド、ムジーク・ファブリック、コンティヌーム・アンサンブル・トロント、南西ドイツ放送交響楽団オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団ノールショーピング交響楽団スウェーデン)、アヴァンティ・アンサンブル(ヘルシンキ)といった世界中の管弦楽団・アンサンブルで演奏された。

2002年、ファン・デル・アーはニューヨークフィルムアカデミー映画監督のカリキュラムを終えた。さらに2007年にはリンカーン・センター劇場ディレクターズ・ラボ[1]の舞台演出集中講座に参加した。ファン・デル・アーの短編映画『Passage』は各国の国際映画祭で上映され、またドイツ国営テレビで放映もされた。

ファン・デル・アーの代表作は、ソプラノ、ヴィデオ、サウンドトラックのための室内オペラ『One』(2002年en:One (opera))である。このオペラはベルリンブダペストパリオスロサンクトペテルブルクワルシャワといった都市で上演された。ファン・デル・アーは『One』のオランダの国営放送NPS(en:Nederlandse Programma Stichting)のためのテレビ番組の監督も務めた。舞台作品には他に、『After Life』があり(世界初演2006年6月2日アムステルダム)、これも国際的な賞賛を得た。

Perth Tura New Music FestivalとHolland Festival(en:Holland Festival)にはアーティストとして出演した。映画監督のハル・ハートリーピーター・グリーナウェイ、振付師の平林和子、フィリップ・ブランシャ、ベン・ライト、アナベラ・ロペス・オチョアとのコラボレーションもある。

ファン・デル・アーの音源は、ハルモニア・ムンディコル・レーニョ、Composers’ Voice、BVHaast、VPRO Eigenwijsから出ている。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Reeder, Jonathan (September, 2007). Michel van der Aa. Boosey & Hawkes. Retrieved on 2008-02-04.

外部リンク[編集]